2017年4月 9日 (日)

入学式!

Simg_0601_2_3  今日は娘の中学校の入学式でした。

 着慣れない制服姿を見て、「あぁ、中学生になったんだなぁ…」とちょっと感慨深いものがありました。

 この中学は、本人が色々悩んで、自分で決めた中学です。

 これからの6年間、あの進学校を決定した時のことを思い出して、頑張って欲しいと思っています。

 それにしても、入学式後、教室で渡された教科書や副読本等の量はすごい量で、娘と妻との3人で分担し、やっとのことで持って帰った量でした。  

Sp_20170409_181830_vhdr_auto  夕方は、お祝いもかねて、娘が行きたがっていたタカノフルーツバー。
 美味しくて、食べ過ぎて…辛い(苦笑)

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

ひなまつり

 今日はひな祭り。

 会社から帰ると、ロールケーキを利用した簡単手作りケーキが待っていてくれました。

Sp_20170303_222551_vhdr_auto2

 娘も春から中学生。
 いつまでこういった行事を一緒に過ごしてくれるのでしょうかねぇ?とちょっと考えてしまったひな祭りでした。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

誕生カード

 妻と娘から誕生日カードをいただきました。

Sdsc_73943
 前の投稿じゃ無いですが、もらったカードを眺めながら、改めて、ちゃんと役割と責任を果たさないといけないなぁとおもいました。

Sdsc_73922
 ありがとう!

| | コメント (0)

知命

 残念なことに、私も50歳になってしまいました。

 

 「不惑」といわれる40歳代、迷いっぱなしな毎日でしたが、「バイクが好きだ」ということだけは迷うことは一切ありませんでした。

 

 では、「天命を知る」50歳になって、私は何を天命だと思うのでしょう?「これまでの人生を振り返り、自分の役割とは何かを考えなさい」ということですが、私はどんな役割を果たすのでしょう?

 

まだまだ自分の役割、天命なんて全く見えていないのですが、ただ一つだけ言えることは、私は家族の一員であり、妻にとっての夫であり、娘にとっての父親であるということは、まったく変わることの無い、果たすべき責任と役割であるはずです。

 

 とすれば、その役割を果たすためには、バイクに乗り、ツーリングに行ったとしても、絶対に事故など起こすこと無く、出かけた時のままに家族の元に帰ってこなければなりません。そしてそれは、絶対に果たさなければならない責任であると、肝に銘じておきたいと思います。

 

 50歳、人生まだまだとは言え、体力的にも、また反射神経といった点でも若い頃に比べれば衰えてくる時期でもあります。

 

 くれぐれも安全には心がけて、少なくとも家族にとっての私の役割と責任は果たすよう、心に誓った50歳の誕生日でした。

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

バレンタインデー

 今日はバレンタインデー。

Simg_0532_2
 奥さんと娘(小6)からヨックモックと手作りチョコタルトをいただきました。

Simg_0533
 手作りチョコタルトは、本人も変な顔になったと笑っていましたが、味はとてもおいしかったです。

 ちなみにと娘に誰かにあげたのか聞いたところ、学校の同級生にも塾の先生にも誰もあげなかったそう。

 理由を聞いたら

  

「キモい」
  「あいつは女の子達から沢山もらってるからいいんだ」

とのこと。

 素直にこうやって答えてくれるのはいつまでなんでしょうねぇ…としみじみしてしまいました。

[おまけ]
 おまけとして、こんなものもいただきました!
Simg_0537
 これ、賛否両論あるヤツですよね?
 食べるのが楽しみです!

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

人生初の岐路

 さて、志望校2校に合格した娘ですが、どちらの学校に進学するのかを決めなければなりません。

 1校の手続き締め切りが本日の15時まで。
 それまでに、進学する学校を決めなければならないのです。

 昨晩、妻とは、1つの決断をしていました。

 すなわち、自分と妻は、2つのうち1つの学校の方が、娘の性格と合っていること、また試験問題から透けて見えてくる教員の質の良さも感じられること、さらには、学校全体の雰囲気からしても、娘にはオススメなのですが、娘はもう1つの方が良いと思っている様子。どうも、塾の先生が私がオススメな方をよく知らないようで、また学校の同級生で受験組の子たちも、もちろん余り知らないことから、ちょっとバカにしていた様子で、その影響を受けているのかもしれません。が、娘がなんとなく思っている方の学校は、果たして娘に合うかは、私たちがオススメな方の学校ほど合うのかは、ちょっと微妙に思っているのです。

 しかし、それでも選択は娘自身にさせることにしました。

 今朝、自分のオススメはこちらであることとその理由を娘に告げた上で、昼頃までに決断して、電話をもらうことにして、私は出勤し、娘と妻はじっくり考えることにしました。

 昼間にかかってきた電話では、自分たちのオススメでは無いほうの学校を選択したとのこと。
 しかし、なぜその選択をしたのか、ということを訪ねて返ってきた言葉が、以前妻が言っていた言葉そのもの。
 そこで、さらに、なぜそう思うのか、なぜ良いと思うのか、を聞いたところ、今度はだんまり。

 これは、自分の考えで選択しなければ、6年間という長丁場、何かあった時に、

 

「この学校は親が選んだんで、自分はもう一つの学校に行きたかった。」

と、逃げ道が出来てしまうことになると思いました。

 そこで、手続き期限ギリギリまで待つので、なぜそちらの学校を選んだのか、自分の言葉で私に説明するように命じるとともに、もし、自分の言葉で説明できないなら、嫌で仕方が無かった公立中学に進学させることにする旨伝えたのです。

 果たして、1時間半後、締め切りの15分前に電話がかかってきて、「なぜこちらの学校を選んだのか」を説明してくれました。
 一応、と着いてしまうレベルではありましたが、自分の言葉で学校を選んだ理由を説明できましたので、私たちのオススメでは無い、自分で選んだ学校に進学することになりました。

S2_2 ちょっと厳しいかなぁとも思わないでも無かったのですが、それでも、誰かでは無い、自分で選ぶということと、その選択に責任を持たせたかったので、このような方法をとりました。
 もちろん、私たちがオススメだと思った学校を選んだとしても、同じことをさせるつもりでした。

 小学校6年生、12年生きてきての初めての大きな人生の岐路における選択です。
 苦しんだ選択ではありましたが、それでも、自分の意思と、それを言葉に出して、全責任を自分で負っての選択ですから、逃げることはできません。もちろん、消えないように、紙に書かせて、見えるところに貼っておき、辛くなった時に、いつでも見えるようにしました。

 6年後に、旨を張って「間違っていなかった!こちらで良かった!」と笑って本心から言えるように、今日の辛い選択を忘れないで、頑張ってほしいものです。

 それにしても、今時の小学生は、大変ですね!
  …って、そこまで追い込んだおまえが言うな!と言われそうですね(笑)

 

 
 

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

決戦2日目!

 今日は、娘の中学入試2日目です。

 娘の気持ちはともかく、私も学校説明会に参加した時の様子がとても良かったので、実は知名度では初日に合格した学校よりもかなり劣りますが、私的には、こちらの学校の方が娘向きで良いのになぁと思っている学校です。

 昨日1つ結果を出しているだけあって、朝の様子は少し余裕がありそうな感じでした。

 結果はなんとこちらも合格!

 

娘、おまえ、いつからそんなにすごくなった?

 でも、ホント良かったな!!

 で、娘、おまえはどっちの学校にするんだい?

 一晩寝ながらゆっくり考えさせることにしました。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

決戦初日

 今日は、娘の中学入試の初日です。

 第一志望の学校の午前と午後の試験を受けました。

 結果は、なんと午前入試で合格!

 同行していた妻によると、相当緊張していたようで、出てきた時の顔がハンパなく飛散だったので、妻的にはあきらめていた模様。

 それが、なんと午後のコースは落ちたものの、午前のコースで一発合格!

 良かったな、娘!
 明日の学校も、これで気楽に受けられるだろうから、精一杯頑張れよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

明日は決戦の日

 東京都の私立中学入試は、明日からの3日間が山場です。

 娘も、何校かチャレンジすることになっています。

 この1ヶ月、色々とありましたが、本人的には精一杯頑張った…のでしょう。

 何にせよ、その努力が報われるよう、精一杯頑張っておいでね!
 … ただメンタルがかなりヘタレなんだよなぁ。。。

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

金ちゃん、やすらかに…

 韓国から帰国して最初の夏に、娘が連れてきて以来、ずっと娘や私たち家族と一緒だった、金ちゃん(和金)が、今朝、他界してしまいました。

 昨晩までは元気でしたので、きっと何かが急に起きたのかも…。

 8年間、ずっと一緒でしたので、とても残念です。

 娘が大好きで、特に赤ん坊の頃は、泣いているといつも「どうしたんだ?」と見に来ていたりもしていました。

 とても残念ですが、金魚で8歳以上と言えば、まぁ大往生とも言えるかもしれません。

 金ちゃん、長い間、一緒にいてくれて、ありがとうございました。
 安らかにお眠りください。
 また、できれば、これからも、私たち家族を見守ってください。

 

| | コメント (0)

«あけましておめでとうございます