« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

初めての出前

 今日は待ちに待った土曜日。

 私も妻も、やはり疲れが相当蓄積しているようで、ボロボロになっているのが分かります(元気なのは、我が「台風=爆弾娘」だけ)。なんだかんだで一日中ゴロゴロして過ごすことに…。 

 そこで、昼ご飯は出前を取ることにしたのですが、これまた初めての経験。上手くいくのだろうかと不安いっぱいで電話をかけると…。

 どうやら、出前の時は、自分の住所を言ってから注文をするようです。

 何とか注文通りの品(「칼국수」と「김밥」)が届き、値段の割に(全部で10,300ウオン)味も良かったので大満足でした。

 ちなみに「칼국수」は韓国風のうどんで、今日のはアサリが入っていました。以前食べたのは肉だったのでお店によって違うようです。結構淡泊な味なので、好みによって、キムチを入れて食べたりしても良いかもしれませんね(最近辛い味に慣れたせいか、ちょっとだけキムチを入れて食べました)。

 また、「김밥」は、言わずと知れた韓国風の海苔巻きです。こちらも美味しかったです。

 

【今日の韓国語】

 여보세요.
  もしもし

 이쪽은○○아파트◇◇동△△실입니다.
 こちらは○○アパート◇◇棟△△室です。

 칼국수두개와 김밥을 한개 주세요.
 カルグクス2個とキムパプ1個ください。

  「何キムパブか?」と聞かれたときは頭が真っ白になってしまい、「보통」(普通の)と言うのが精一杯。それでも何とかなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

うっ…

 帰り道、駅から車で販売しているイチゴを買って、ルンルン気分でアパートに向かって歩いているときのこと、タクシーが急停車したかと思うと、運転手さんが顔を出して…

 아저씨! 아저씨!

と叫んでいます。

 まわりを見回したのですが、誰もおらず、どうやら私に呼びかけているようです…。

 仕方がないので、教えてあげましたが…

 それにしても、は無いだろうっ!!

 형님

は無理でも、

 오빠

と呼んで欲しかった…。

 妻に言わせると、屋台の自動車で売っているイチゴを買って帰るような中年男性は、日本人とは思わんだろうとのことではありましたが…。

 …ちなみに、아저씨は、一般的に使われるそうなのですが、それにしても…はぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

いきなりですが…

【今日の韓国語】

아름다움

미인

미력이 있다

귀엽다

날씬하다

 …上手く使い分けることが必要です(爆)

 …しかも、「습니다」は極力使わないことが肝心だそうです(更爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

引っ越しあいさつ その2

引越し挨拶をしに行って直された

아무쪼록 부닥드립니다. → 아무튼 부닥드립니다.

の部分ですが、今日、韓国人職員の方に聞いてみたところ…

 「Taku.Minさんの文であってますよ」

とのこと。

 … な~んだ、いいんじゃんか…。

 でも、会社から帰ってエレベーターであったときに、にっこり笑ってあいさつしてくれたので、いいことにしよう!

 そしていつか、ちゃんと韓国語で話し掛けられるように…

 열심히 공부 하갰습니다.

 …我ながら、ちょっとオヤジだなぁという気がするが、まっいっか!(爆)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

引っ越しあいさつ

 今日は、いよいよアパートへ引っ越しの日です。

 当然ご近所さんにはあいさつしないといけません。しかも、下の階2軒のうち1軒は日本人宅ですがもう一件と、同じ階のお向かいさんは韓国の方です。当然、あいさつは韓国語でしなければならなさそうです。

 そこで、いきなりですが…

  

【今日の韓国語】

처움 뵙겠습니다.
 はじめまして。

우리는 Taku.Min 라고 합니다.
 私たちはTaku.Minです。

오늘 1607호실에 이사하고 았습니다.
 今日、1607号室に引っ越して来ました。

아이가 작고, 우리도 한국어를 말할 수 없기 때문에
 子どもも小さく、私たちも韓国語がしゃべれませんので

 펴를 끼친다고 생각합니다만, 아무쪼록 부닥드립니다.
 ご迷惑をおかけすると思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

  

 まず最初に行ったのは、もちろん日本人の方のお宅です。旦那様も奥様も気さくな方で一安心。

 で、問題の韓国の方のお宅です。あらかじめ作っておいた、上記の韓国語を書いたメモをもう一度読み直し…意を決してドアホンを遅うとした瞬間…

 エレベーターから、可愛い、中学生くらいの女の子が降りてきました。

 どうやら、これからあいさつをしようとしたお宅のお嬢さんのようです。

 あいさつに来たことを何とか言おうとしたのですが、半分くらいしか通じて分かっていないようです。

 そこでメモを見せると、読んでしばらく考えた後、何か書くものを探しているようなので、鉛筆を渡すと…

 何度か書き直した後…

 아무쪼록 부닥드립니다.

 とあるのを

 아무튼 부닥드립니다.

 と書き換え、にっこり笑いかけてくれました。

 そう、彼女は、私のつたない韓国語のメモを直してくれたのです。

 その後、彼女のご両親にもメモを見せながら(彼女はちょっと照れくさそうでしたが(^^))あいさつをし、不安と緊張でいっぱいいっぱいな引っ越しあいさつも何とか切り抜けることができました。

 それもこれも彼女のおかげなのですが、問題が一つ。

 私の持っている電子辞書では前者が例文として出てくるのですが、彼女はそれを直してくれました。前者は「なにとぞよろしくお願いします」と辞書を引いて出てきた文章なのですが、後者を辞書で引くと「いずれにせよよろしくお願いします」となってしまいます。

 なぜこうなるのか…。

 韓国語初学者の私には謎なのです。

    …どなたかこの違いを教えていただけないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

こ、こんなところに!!

 ソウル駅の上には、「ロッテマート」という大型スーパーがあります。日本で言うと、ジャスコとかイトーヨーカドーのような、食品から日用品、服・電化品といろんな物が売っていて、しかも値段も「ロッテ百貨店」よりも遙かに安いのが、私のような庶民にとってはとてもありがたいお店です。

 昨日、買い物に行ったときに、ふと、天井からぶら下がっているハングルを見て、目が…になりました。

s-IMG_4170  写真の左隅、楕円の中に赤と青で書かれたハングルは…

  

  ダ、イ、ソ…、えっ?ダイソー? 

 ってあの100均チェーン店のダイソー?

 驚いて、品物を見てみると…

 はい、確かに日本のダイソーでした。

 1階(食料品等の売り場があります)の奥、トイレの横の一角を占めており、そこそこのスペースを占めています。

s-IMG_4173  さすがに100円均一…こちらだと1000ウォン均一というわけにはいかないようで、いくらかの価格が設定されているようですが、品物自体は、日本で売っているものそのものに、値段のシールを貼って売っています。

 日本語のみで書かれた商品なんて買っていく人は少なかろうと思ってしばらく見ていたのですが、若い人からおばさんまで、日本と同じようにいろんな人がいろんな物を買っていくようです(この店のレジは、全ての商品が一括)。

 ユニクロがソウルにあるらしいというのは聞いたことがありますが、ダイソーまであるとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

画面が…

 今日、テレビを見ていたら、突然画面が消え…全く映らなくなってしまいました。

 そこで、フロントに電話をしたところ、テレビを買えてくれることになりました。

s-IMG_41742  すぐに、お兄さんがやってきて、テレビを取り替えてくれたのは良いのですが、付けてみると、画面が斜めに傾いています。

 これには、お兄さんも驚いて、あれこれ設定を探していましたが、もちろんそんな設定をする項目はなく、追ってこのテレビも交換してもらうことになりました。

 しかし、これは故障したというよりは、そもそも出荷するときにチェックをしていなかったとしか思えない状況です。まったく同じテレビが寝室にありますが、そちらの方は全く問題がありませんし、このテレビも4隅まできっちり映っていますので、設計上のミスではなく製造過程での欠陥としか言いようがありません。

 こんな品質管理体制で良いのか…?

 

【今日の韓国語】

 ・텔레비전이 고장했습니다.
   テレビが故障しました。

 ・화면이 기울고 있습니다.
   画面が傾いています。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

少年サンデーと少年マガジンが読みたいっ!!

 実は、私は大のマンガ好きで、コミック蔵書もかなりのものがありました。韓国赴任にあたっては、経費節減のために、最低限のものしか持って来れなかったのが残念でしたが、もう一つ残念に思っていたのが、毎週読んでいた週刊少年サンデーと週刊少年マガジンが読めそうにないことでした。

 ところが、職場でそんな話をしていたところ、日本語の書籍を売っている本屋があり、しかもサンデーもマガジンもあるはずとの情報を教えていただきました。

 そこで、職場の帰りに教えていただいた本屋さんに行ってみました。

 まず最初に行ったのが、光化門にある「教保文庫」(ソウルナビ紹介ページはこちら)。

s-IMG_4157  ここは、地下鉄5号線の光化門駅の出口と直結していて非常に分かりやすいところにあります。しかも、ビルの地下ワンフロア全てがこの本屋さんということで、とてつもなく広く、CDや文房具まで売っているコーナーもありました。

 お目当ての日本のマンガ雑誌は11番コーナーにある(2006年2月現在)のですが、なんと先週号が1番新しいとのこと。店員さんに聞いたところ、毎週定期に出るのではなく、毎月4回、いろんな本がまとめて入荷するので、次は15日だとのこと。どうやら1週間遅れとなっているようです。値段はW2,460なので、そんなに高くないのが一安心。

 もしかしたら…と、前述のソウルナビにマンガが多いと紹介されていた「Books Libro」(ソウルナビ紹介ページはこちら)に行きました。

s-IMG_4160  確かに、マンガは無茶苦茶多いです。日本のコミックスはたいていあるのではないかと思うくらい。ただし、全て韓国語版…。

 おめあてのサンデーやマガジンは跡形もなく、数冊あったマンガ雑誌は全て韓国のマンガ…。「犬夜叉」が表紙になっているのに…。

 しかたがないので、15日に教保文庫に行くことにします…。

 どなたか、サンデーとマガジンを買うことができる方法をご存じないですか?

【今日の韓国語】 

 일본 マンガ 있습니가? 

  日本のマンガはありますか?

   … 教保文庫のむちゃむちゃ可愛いお姉さんには通じませんでした。
      「マンガ」を「만하」と言えなかったのが敗因かも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ほら、やっぱり…。

s-IMG_4154  昨日の雪は夜半にはあがったようで、朝起きたときには、曇ってはいるものの雪は降っていませんでした。

 その代わり、かなり路面が凍っている状態で、歩道でも気を抜くと氷に足を取られそうになります。

 もちろん、車道もガチガチに凍っており、信号からのスタートで、結構タイヤを空転させている車も多いので、とばしている車を見ると、「大丈夫かぁ~」などと思っていました。

 と、横断歩道用に、車道が赤信号、横断歩道が青信号となっている状況で、当然おじさんが渡っていましたが、そこに一台のタクシーが…。

 赤信号に気づかなかったのか、それとも、歩行者がいなければそのまま行くつもりだったのか、かなりのスピードで走ってきて、直前で急ブレーキ。

 当然止まるわけが無く、横断中のおじさんめがけてまっしぐら!

 何とか直前で止まったのでおじさんをひかずに済んだのですが、圧巻なのはその後。

 おじさんは当然怒っているのですが、避けて前が開けたと思ったとたん、そのタクシーはまだ赤信号にもかかわらず猛ダッシュして行ってしまいました。これにはおじさんもビックリしたようで、頭を振りながら、横断歩道を渡ってきました。

 

 今回のことで、分かったことが二つ。

  •  やっぱり、ソウルの車の運転はとんでもないので、歩行者の方も気をつけなければならないということ。
  •  車は夏タイヤしか履いていないし、あのスリップの様子からするとABSも期待できないので、運転も気をつけなければならないということ

 もう少ししたら自分も運転することになるので、十分に気をつけることにしようと誓いました。

 … それにしても、やっぱりスタッドレスは必要だと思うけどなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

大雪

 朝、起きると、ソウルは一面の雪景色でした。

 これだけソウルに雪が降るのは珍しいようです。

 確かに車を見ると、全ての車が夏タイヤのままで、スタットレスは履いていません。そのためか、信号からのスタートなどで、お尻を振りながら発進している車も多々ありました。

 さらに、職場の人の話では、やはりスタッドレスは基本的に皆さん履かないようで、チェーンも持っていないし、誰も買わないので在庫も無いようです。

 気温も微妙に高かったせいか、昼過ぎまでには雪もやみ…夜、再び降っています。おまけに気温が下がってきて、凍ってしまってとても歩きづらいです。

 明日は外で会議なので、せめて歩けるようになっていると良いなぁ…。

 

【今日の韓国語】

 오늘 눈이 아주 렸습니다.

 今日は、雪が沢山降りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

これからよろしくお願いします!

 成田から仁川までの空の旅は、比較的快適でした。「比較的」とつくのは、「爆弾娘」の異名を持つ1歳半になる我が娘が起きていると、騒ぎまくっているので、どうしても落ち着くことができず……「比較的」なのです。

 とはいっても、今回救われたのは、私たちの他にも赤ちゃんがいたので、ちょっとだけ責任転嫁。ただ、あっちのほうがおとなしくて良い子なんだよなぁ…。やっぱり責任転嫁はできないか…。

 定刻より10分遅れた13:30分、無事仁川に降り立ちました。

 …が、さむいっ!!

 話には聞いていましたが、本当に寒いです。何でも昼間なのに-12℃とか!周りを見ても凍っていますし…。この寒さにやっていけるんだろうか…と思ったのも正直なところです。でも、迎えに来てくれた前任者は、結構私から見ると薄着…。そういえばまわりの人もそんなに無茶無茶厚着をしているという感じではありません…。

 一度、家に入れるまでのしばらくの間に住むことになるホテルにチェックインし、妻と子どもをおいて職場の上司をはじめとしてあいさつまわりをしました。

 …多すぎてあまり覚えられず。

 それでも、知っている人がいるのがわかると、ちょっとだけ安心です。

   

 

【今日の韓国語】 

 처음 뵙겠 습니다. 앞러  부닥합니다.

 はじめまして。これから、よろしくお願いします。
   …でもあいさつは日本語だったんだけどね(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

携帯会社って… その2

 いよいよ今日は韓国への出国の日。

 旅行エージェントの方との待ち合わせもスムーズに行き、早速のチェックイン。それにしても我ながら膨大な量の「携行荷物」です(…そりゃぁ段ボール14箱もあるのだから当然ではあるのだが…)。いろいろと有りかけましたが、エージェントの方とJALのお姉さんのおかげでなんとかなり、無事、荷物は送れることに。お二人さん、本当にありがとうございました。

 で、チェックインも終わったしということで、最後の手続きである携帯の解約に地下までおりていく。

 ドコモのカウンターには、その時、外国人のお姉さんと日本人のお姉さんの2人が表にでていて対応していました。

 ここで起こった(怒った)問題は、今回の一連の件で感じた、電話窓口・ドコモショップ・今日のカウンターの2人の言うことが一定しないこと。それぞれに異なる説明や対応をすることが多く見られ、そのたびに振り回されてしまいました。さすがに今日それをやられてしまうと、出発前の時間がない時だけに本気で腹が立ちます。

 さらに追い打ちをかけたのが、このカウンターにいた日本人のお姉さん。詳細はあえて書きませんが、本当に態度が悪く、しかも自分のミスに対して文句を言われても「そうですね…」とのみ答え、「申し訳ございません」は最後の最後、私が指摘するまで一切口にせず。

 いったいどんな社員教育をして居るんでしょうねぇ、ドコモさん?

 おかげで、手続きが終わって、手荷物検査とイミグレ抜けて搭乗ゲートに付いたときには、登場開始5分前。普通ありえないです、こんなにバタバタした出発。

 以前にも書きましたが、この一連の手続きを、規程の条文どおり、「あらかじめ」できれば全く問題が無いはずなのに、条文からはとうてい解釈できないような取り扱いを、しかも出発当日でないとできないという取り扱いをさせるということが、いかに問題あるのかということを認識するためにも、社員の方は一度実際にやってみることを、重ねておすすめします。

 正直な話、これから新しい職場・新しい生活という期待と不安でナーバスになっている時に、こんなことで最悪の気分で出発しなければならない羽目になるとは思いもしませんでした。

 家族からは非難されるし…、気分は悪いし…最悪の出発…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

最後の最後までバタバタ

 今日は昨日とうってかわって気持ちの良い晴天…だったのが、午前中に既に曇り空…。あまり天気とかは気にしない方ですが、やはり昨日が昨日だけにちょとモチベーションが下がってしまいます。

 今日は、朝、最後の粗大ゴミ出しをしたのですが、その時、曜日を間違えて、普通のゴミも捨てられるかと思い(うちのアパートは、普段はゴミ捨て場にはシャッターがされていて、ゴミの日だけシャッターが開けられるのです)、最後のゴミを持っていったところ、ちょうど出勤されるアパートの方と出会い…

  「ここにゴミを捨てないでください」 

と注意されてしまいました。

 ここの元住人で、引っ越し作業中だというと、バツの悪そうな顔をされていました。おじさん、ごめんね。

 粗大ゴミ出しのあと、ホテルに戻り、朝食を食べてからチェックアウト。その足で昨日行けなかった散髪をし、懸案であった確定申告をした後、職場によって最後の手続きをした後、夕方、成田空港内にある「成田エアポートレストハウス」http://www.apo-resthouse.com/に。

 ところで、私がした確定申告は、医療費の還付申告です。

 これを行うのに必要な書類は、源泉徴収票と病院等の領収書原本を申請書等に添付して提出することになります。申請書等はWebサイト上ででき、それを印刷すればOKですので、病院等の領収書の集計さえ終わっていれば、あっという間にできます。

 提出も、通常アナウンスがある2月中旬よりも前でも、海外赴任といった事情がある場合には、源泉徴収票さえあれば提出できますので、医者や歯医者にかかった人はぜひ早めに手続きしてください。また、提出にかかる時間は、私の場合1分もかかりませんでしたが、郵送受付もできるそうなので、お住まいを管轄している税務署に問い合わせてみてください。

 そうそう、医療費には往復の交通費等も入れることができますので、きちんと計算して出すとそれだけお得になります(今回は手書きで詳細リストを作らなくてはならなかったので、交通費は算入しませんでしたが…)。

 明日はいよいよ韓国での生活が始まります。どんな生活が待っているのでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

携帯会社って…

 今日は、ひとりで諸手続の日…なのに何でこんなに雨が降っているんだ?というくらい一日中大雨。

 …せっかく、「足」にと自転車を残したのに、使えないじゃないか!!

 それはともかく、まず朝イチで、昨日渡せなかった駐車場のカギを駐車場の管理人さんにわたす。

 …説明したけど今ひとつ分かっていなかったような…おいちゃん、だいじょうぶか?

 その足で、原状回復で一つ引っかかった襖の張り替えのための業者さんと待ち合わせて依頼&支払い。

 うちのアパートは、社宅なので敷金礼金がない代わり、出るときに管理人チェックをもとに原状回復を求められます。

 その足でいつも行っている床屋さんに行くが…

    「本日休業」!!

 仕方なく、近所の床屋をいくつか回りましたが全て定休日。美容院はやっているのに、この近辺の床屋は全て水曜日が定休日らしい…。

 おかげで、靴も靴下もズボンまでビチョビチョ。

 疲れ果ててホテルに戻り、遅い朝食を食べると、そのまま寝てしまい、気が付くとすでに3時、雨はさらに激しく降っています。

 それでも、このパソコンを処分しなければなりませんので、パソコン3台抱えてヨドバシ新宿西口本店まで行く。

 …こういうときに限ってタクシーは捕まらないんだよなぁ…「ラップトップパソコン」(ノートではない)が肩に食い込むぜぃ…。

 買い取りセンターでは、バイオのみ100円の値段が付いたが(…それにしてもよく値段が付いたもんだ)、2台Ne(NEC PC9821Neなんて知りませんよね…。知っていたら年がばれる?)は値段が付かず…というか当然だ!!

 とはいっても値段が付いたため書類作成に時間がかかるというので、バイオもタダで引き取ってもらうことに。やっと身軽になれたぜ!と喜ぶ。

 その足で、ドコモショップに行き、携帯のバッテリーが持たない状況の修理と解約についての相談に。

 バッテリーはやはり本当にダメになっており(薄いバッテリーがバンパンに膨らんでいた…というか、バッテリーってあんなに膨れるものなんですね。ちょっとビックリ!)、交換してくれた。お姉さんありがとう!!

 ただ、ここで問題となったのが、解約や休止について。どちらも、その申し出をしてしまうと、その時点から解約となってしまい、使用不可能になってしまうとのこと。NTTやウィルコムのように、「いついつからとめてください」というのができないとのこと。

 規約を見ると、「解約をするときはあらかじめ書面で申し出る」となっているのに「あらかじめ」申し出できないのだ。

 店員さんにこの点を確認すると、解約をする前に解約申込書を書くので「あらかじめ」となっているとのこと。

 …はぁ?申込書を出す前に勝手に解約しちゃダメでしょう!!そういうのは「あらかじめ」とは言わないんだよ!!

 しかも、呆れたことに、携帯はドコモのみならず全ての会社がこのような手続きになっていると言っている。

 もし本当なら、携帯電話会社はもう少しお客の利便性を考えるべき!!海外赴任者は今後ドンドン増えていくだろうに、そんなことをやっていてよく平気でいれるもんだとかえって感心してしまいました。出発ロビーとは遠くかけ離れたところにカウンターを設けておいて「成田でも手続きができるようにした」と言える神経を疑いましたよ。

 一度で良いから、出国手続きのクソ忙しいときに、誰かと待ち合わせて(つまりここの時点まで携帯は必要なわけだ)、チェックインをし、その後わざわざ地下まで戻って手続きができるものなのかどうかできるものなのかやってみろと声を大にして言いたい!!

 …3年後に期待するしかないか…。

 ということで、雨にずぶぬれになっただけでなく、精神的なダメージを受けて重くなった足を引きずりながら、ホテルにもどり、松屋の牛丼で夕食を取った後、最後の書類整理と確定申告用の書類作成。

 …結局、今日も寝るのは3時半だった……はぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »