« それでも… | トップページ | 敗北宣言。。。 »

2006年6月23日 (金)

心が折れた瞬間…

ブラジル戦。
1-3で予選敗退決定。

 3戦とも、見ていて疑問に思ったこと…
  いつから日本代表チームはこんなに「心が」弱かったのだろうか?

 決定的だったのは、このブラジル戦の前半ロスタイムの1失点以後の動きが、それまでと全く違ってしまったっこと。
 ボールを追うことができない。足がぱったり止まってしまい、あと1点を取りに行こうとする意志が見えない…。

 

インターバルの間になぜ気持ちが切り替えられないのか?

 技術云々の問題ではない。完全に「心が」折れてしまっているのが明らかだ。

 韓国代表が、それでも勝ちに、点を取りに行こうと最後まで闘志をむき出しにして、気力で走っていたのとは大違い。

 今回に限っては「おつかれさん」とか「よく頑張った」とは言いたくない。明らかにフランス大会の予選リーグ敗退とは質が違うように私には見えた。

 また新たな4年がスタートする。
 新たな監督と新たなメンバーは、私にどんな夢を見せてくれるのだろうか。

 少なくとも、「日本人の若者は、こんなに心が弱かったのか」などとは思わせないでほしい。

| |

« それでも… | トップページ | 敗北宣言。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心が折れた瞬間…:

« それでも… | トップページ | 敗北宣言。。。 »