« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

なんてこったい。。。

 世の中にはわからないことが沢山ある。
 しかもそれが文化や習慣の違う異国の地となるとなおさらである。

 しかし…さすがにこれはないだろう、これはよぉ~


2006年8月30日の朝鮮日報

韓国警察庁「暴走族の集団走行、事前申告すればOK」

Photo 韓国警察庁は最近、青少年の無分別なバイク暴走行為で市民の不満が募り、事件や事故が頻発していることを受け、暴走族に対する認識を大きく転換し、根本的な対策に乗り出すことを明らかにした。 

  警察庁が30日に発表したところによると、「暴走行為は社会的に疏外された一部の青少年の反抗であると同時に、関心を引きたいという一時的な行動パターン なので、取り締まりだけでは根本的な解決にはならない」という認識のもと、取り締まり中心の対応を大幅に変更、一定の条件がそろえばパトカーが伴走して保 護することで、走行集団が安全に走行できるようにするという。

 また、オートバイの安全教育を施し、青少年の暴走欲求を健全なスポーツや文化で解消できるよう誘導するなど、中長期的な対策も同時に推進する予定だ。 

 まず、暴走族を健全化する方策として、警察は独立運動記念日の3月1日や日本植民地から解放された8月15日の光復節といった祝祭日に、地方警察庁・警察署にバイク走行を申告すれば希望するオートバイ同好会員を集め、指定道路で指定時間帯に限り走行を許可する。 

 この際、警察では先頭と最後尾で交通管理(伴走)を行い、安全に青少年の暴走欲求を解消させるとのことだ。

朝鮮日報/NEWSIS



 なんと、事前申請すれば、暴走族がパトカーの先導でおおっぴらに走れるんですよ!

 かつて躍起になって警察につぶされた日本の暴走族OBの方々が見たら、なんとおっしゃるんでしょうねぇ?

 まぁ、よその国のことですから、何も言いませんが、せめて家のそばを走り回らせるのは止めてほしいなぁ…。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

停電

8月10日夜、いきなり停電しました。…しかも1晩で3回も!!

 どうやら、アパートの大元のブレーカーが落ちたらしい。

 問題はアパートのうち、私たちのエレベータ筋の、しかも上半分という全体からすると一部だけということ(実際、警備室のアジョシの所に行った時に見てみると、同じ棟他の部分は煌々と明かりがついているてん)。

誰がそんなに電気を使っているんだ?誰が?

 ソウルで停電を体験するとは思ってもいませんでした。来年もまたあるのでしょうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

世界最強バイク

 韓国のバイクは、その圧倒的な大多数が仕事のためのバイクです。

 韓国語でペダルと言いますが、食事やクリーニングした物を配達してくれたり、商用で荷物を運んだり、時にはリアカーのような物を後ろにつけ、大荷物を運んだりしています。

 当然そのためにかなり大きなキャリアをつけたり、スタンドを改造したりして、大荷物に対応できるようにしているバイクはかなり多いです。

 ところが、そのような中で、度肝を抜くバイク(というのか?)の写真をネット上で見つけました。

S  元ネタは、「enjoy Korea」の翻訳掲示板なのですが、さすがにこれを見たときに、私も「うん、これは世界最強バイクだ」と感心してしまいました。

 この元の掲示板のレスにも書き込まれているのですが、

  •  まずどこでこのような改造をしてくれるのだろうか?
  •  お巡りさんは何も言わないのだろうか?

という素朴な疑問がわき上がって仕方ありません。


 やっぱりすごいぞ韓国バイク事情!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

オオアリクイ…

まず、以下を読んでください。

[件名] 主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。
いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した財産は莫大な額です。
つまり、謝礼は幾らでも出きますので、
私の性欲を満たして欲しいのです。

お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
考えています。連絡、待っていますね。


 オオアリクイっすよ、オオアリクイ。
 しかも、シンガポール!オオアリクイに殺されてしまうような出稼ぎって何なんでしょう?
 それにそもそも、オオアリクイって人を殺すほど凶暴なんでしょうかねぇ?

 つい先ほど届いた迷惑メールなんですが、思わず職場にもかかわらず笑いこけてしまったので、さらしアゲしておきますね。

 なんつっても「オオアリクイ」。

 

久々に笑えた迷惑メールでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »