« 残酷な天使のテーゼ | トップページ | 初めての海っ! »

2007年7月13日 (金)

ここまでひどいとは…

何も言いません。
言う気力も失せる、とんでもない記事です。

 まずはご覧ください。



【中央日報 】2007.07.13 19:04:28

米国産牛肉販売初日、市民団体が‘牛の糞’デモ

 


  米国産牛肉の販売が3年7カ月ぶりに再開された13日、ロッテマートの前で一部の市民団体と農民が反対デモを行った。

  ◇「米国産は売るな」=この日午前10時、光州市治平洞(クァンジュシ・チピョンドン)ロッテマート尚武店は開店直後、‘牛の糞’洗礼を浴びた。韓米FTA阻止汎国民本部(汎国本)の光州・全羅運動本部所属会員50人余が米国産牛肉販売撤回を要求しながら、牛の糞を精肉コーナーに浴びせた後、座り込みを行った。市民団体の実力行使で、尚武店のコ・ヨンソク店長は午前11時30分、「米国産牛肉の販売を中止し、本社と相談して今後の措置を考える」という内容の覚書に署名し、座り込みは解除された。

  ソウル蓬莱洞(ボンレドン)ロッテマートのソウル駅店も開店直後、汎国本会員や牛海綿状脳症(BSE)国民監視団などの80人余が座り込みを行い、販売が中断された。市民団体のメンバーらは米国産牛肉を地面に投げつけ、陳列台の前まで行って大声で叫んだが、出動した警察の警告で1時間後に退いた。この過程で警察とデモ隊のもみ合いがあり、陳列台のガラスが割れた。このデモで、この日ソウル駅店を訪れて試食行事に参加する予定だったバーシュボウ米大使の日程もキャンセルとなった。

  ◇消費者は米国産歓迎=販売が正常に行われた他の売り場では、普段の4倍にのぼる輸入牛肉販売量を記録した。この日午後3時までに全国ロッテマートで売れた米国産牛肉は2トン・3600万ウォン(約500万円)だった。100グラム1550ウォンの牛ひれ肉は首都圏15店で売り切れとなった。

  ソウル堂山洞(ドンサンドン)永登浦(ヨンドゥンポ)店に来たパク・ケジャさん(62、主婦、楊平洞)は「韓牛に比べると味は劣るが、半額だという点を考えれば満足」と語った。しかし「牛海綿状脳症(BSE)のため不安」と言いながら韓牛やオーストラリア産牛肉コーナーへ向かう消費者もいた。

>>記事ここまで

 先日も、デモの際に豚を生きたまま八つ裂き&放置したという記事がありましたが、この記事を読んでさらにため息が出てしまいました。

 すなわち、何故、「食品を売っている場所に糞をまいても「良い」と思えるのか?その精神構造は?

 また、これをどうして警察による「逮捕」「強制退去」などではなく、「覚え書き」を書くことで座り込みが「解除」されるのでしょう?

 これが許されるなら、「何でも許されてしまう」のではないでしょうか?法律も警察も…全く不要になってしまう、いわば、無法地帯そのものなのではないでしょうか?

 「日韓交流」が私の仕事なのですが、本当に残念で仕方がない韓国の情けない状況だと思います。


|

« 残酷な天使のテーゼ | トップページ | 初めての海っ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残酷な天使のテーゼ | トップページ | 初めての海っ! »