« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月22日 (金)

Daystarのナビ化 その3(使用編)

さて、使用してみてのインプレです。

Simg_1115

 実際に取り付けて、ヘルメット位置から見た感じは写真の通りです。

 スピードメーターとタコメーターの下側4分の1ずつが見えなくなってしまいましたが、必要な表示部分(通常使う速度や回転数)は十分に見えているので、大丈夫でしょう。

 また、ウインカーのインジケーターやニュートラルランプが隠れてしまいましたが…まぁ頭を少しずらせば見えるので大丈夫でしょう。

Simg_1133 ホルダーだけにしたところはこんな感じです。

 ステーとホルダーをクリップみたいので挟んでネジで留める、というものですから、正直走り出すまでは不安でしたが(これまた、韓国は道が無茶無茶悪く、さらに、至る所にスピードを落とさせるための段差(酷いものだと5cm以上あり、油断すると結構な衝撃になります))があり、吹っ飛ぶのではないかと不安でした)、1日走ってみてゆるんでくると言うことはありませんでした。

 心配していた、電源回りも1日走っても何ともなし。設置については、しばらく様子を見る必要があるとは思いますが、まぁ、これで完成&成功と言うことでしょう。

Simg_1122 使っているナビは、韓国製ではかなり実績のあるナビで有名なアイナビ社の「アイナビup」というちょっと前の機種です(離任者から安く買ったので…)。

  この写真では、日なたでは暗くなっているように見えますが、太陽の向きにもよるのでしょうが、1日つかって、少々コントラストが落ちるかな程度で十分に見えます。

 ただ、古い機種と言うこともあって、何度か道をロストするのと、案内を無視した時の再検索の時間がかかるのが問題ですが、まぁこれは機種が機種だけに仕方が無いところ。と言うよりも、年式やミニサイズと言うことを考えると大健闘だと思っています。

 ナビを使うこと自体のメリット・デメリットですが、やはり便利だということに良くも悪くもつきるのだと思います。

 いちいち、バイクを止めて、荷物をほどいて鞄から地図を取り出し…(私の場合はこれとあわせてデジカメで地図を撮って、簡易地図表示システムとしていました)、確認をしなくて良いというのはとっても楽です。

 ただし、逆に言えば、止まって休むきっかけを失うと言うことでもあるので、ノンストップで行ける反面、どこまでも休まずに走り続けてしまうことになります。したがって、できる限り意識的に休憩を入れる必要がありそうです。

 とはいえ、異国の地で、しかも道路案内を見て、不案内な地名から全てを判断して行かねばならず、結果として、何度も道に迷い、行ったり来たりしなければならないというのは、楽しいと言えばそうなのですが、できれば避けたいところ。それが、ナビの案内があれば、ある程度はすっと行けるというのはとっても便利です。

 また、これはバイクにナビを積むことが普及していない韓国だからなのですが、周囲の人がバイクにナビを積んでいるのを見たことが無く、結果、相当目立ちます。

 1日走っただけで、信号で隣に止まった車の人、バイク乗り、軍人さん…といろいろな人に色々と聞かれました。そうそう、渋滞で横に止まったバスの運転手さんがわざわざ窓を開け、根掘り葉掘り聞いてきたのはびっくりしました。きっとその運転手さんもバイクに乗っているんでしょう。

 あとどれくらい韓国でツーリングに行けるか解りませんが、これで行き先がどんどん広がりそうな気がしてきました。

 1度使ってしまうと手放せなくなるカーナビ。

 きっと日本に帰っても、バイクにナビを設置することは間違いないでしょう。

| | コメント (1)

2008年8月 8日 (金)

Daystarのナビ化 その2(設置編)

 さて、ナビの設置です。

 一番悩んだのが、電源の取り方です。

 日本にいるなら、間違いなくヒューズボックスから取るのですが、ここはソウル。そんな物がどこに売っているのかが解りませんし、たぶんないでしょう(なにせ、ナビも韓国の場合はダッシュボードの中に入れるのではなく、配線不要のポータブルナビしかありませんから(配線は電源を取るためシガーソケットに電源コードを差し込むだけ!!))、エーモンのような物が売っているかどうかも解りません。

Simg_1049 また、遅くとも来年には誰かに売らなければならないマシンですから、できるだけハーネスには手を入れたくないというのが本音なところ。

 そこで、常時通電になってしまうのを覚悟で、バッテリーから直取りすることにしました(どうせ、車体から離れるときには盗難防止もかねてナビ本体は取り外すので大丈夫だろうと言う計算もありました)。

 Daystarのバッテリーは車体の右側下にあります。

Simg_1050 メッキのカバーを外し、バッテリーをむき出しにしたところで、マイナスをどこから取るかを検電テスターで探していきます。後述するように意外とシガーソケットからのコードが短いので、できるだけ分岐しないような場所を探した結果、エアクリーナーボックスを止めているボルトが良さそうだと言うことになりました。

 次にソケットに着いているプラグを切り離し、ボルトでとも締めするための圧着端子を付けます(電工ペンチを持ってきておいて良かった…)。

Simg_1054  ソケットをどこに付けるかで、正直迷いました。

 雨を考えるとできれば穴を横向きに付けたいところですが、カウルがあって自由度があるならともかく、アメリカンでは目立たず、熱の影響が少なく…となるとほとんど場所がありません。

 仕方なく、フロントバンパーのステーに両面テープで貼った後にインシュロックするという方法で脱落を防ぐことにしました。まぁ余り目立たないですから良いと言えばいいのでしょう。向きも上向きになってしまったのですが、このソケットにはちょっとしたふたが着いていますので、まぁ何もないよりはましでしょう、きっと。

Simg_1055_2   脱落防止と熱を考えながらコードを取り回し、最終的にバッテリーのプラスとマイナス側としてエアクリーナーボックスを止めているボルトと止めて完成です。

 あ、そうそう、ソケットから来るコードですが、この製品は白コードと黒コードが来ていますが、白がプラス、黒がマイナスです。実は、今回の作業で一番ドキドキしたのがこのプラスとマイナスの処理だったのですが、「韓国でも黒がマイナスというのは普通だろう」と祈るような気持ちだったのですが、結果はそれで正解で、きちんと通電したときはホッとしました。

 続いてホルダーをハンドルバーに付けてセットすればいいのですが、そちらは使用感とあわせて、次のエントリーに回しましょう。

| | コメント (0)

Daystarのナビ化 その1(準備編)

 何度かのツーリングで解ったのは、やはりくくりつけた鞄の中に地図を持って行って、解らなくなるたびに荷物をほどいて地図を確認する…というのは非常に不便だと言うことでした。

 そこで、ちょうど転勤する同僚から安くナビを入手できたのを機に、Daystarもナビ化する事にしました。

Simg_1047_2 ・ナビ本体:アイナビ社 アイナビUP

・ナビホルダー: MOUNTMALL社
           SMALL NAVI MOUNT SA8A-MM-UN4 ₩50,000

・シガーソケット: メーカー不明(龍山電気街で見つけた) ₩ 4,000

 このうち、最後まで決まらなかったというか、ラッキーだったのがナビホルダーでした。

 韓国では、バイクでナビを使うという発想をそもそも持ちませんから、ナビホルダーなんて物があるのかどうかはきわめて怪しかったのです。

 一応メンテナンスをかねて、忠武路(チュンムロ)というか退鶏路(テゲロ)という日本の上野のバイク街みたいなところを少しさまよってみると、何件も「そんな物はない」「ナビなんか使えない」と冷たくあしらわれた末に見つけたのです。

 場所は、KOMINEさんのあるビルの道を挟んで隣の1階にあるお店で(あ…名前メモしてくるのを忘れた…)、基本的にはDAINESEというウエアを中心に扱うお店でした。

 店長さんのおじさんは、日本にもよく行っているそうで、日本のバイク&バイク用品事情にも詳しく、もちろん日本語もOK。結局なんだかんだで30分以上も話をしてしまいましたが、ここで、店長さんによる韓国のバイク事情&ナビ状況について少々。

  •  韓国では、最近ではリッターバイクはそこそこ流行っては来ているが、レプリカは一時期に比べると勢いがなくなっている。
  •  代わりに、日本と同じくビックスクーターがかなり幅をきかせていて、皮ツナギを着てまでという人は少ない。
  •  ウェア関連で言うと、FIM危機まではクシタニやKOMINEも人気があったが、最近ではブランド志向ということで、日本製より、DAINESE等のヨーロッパブランドが人気。ただし、体型に合っているかは、おじさんからするとかなり疑問。
  •  ナビについては、韓国ではまだ余り利用する人はいないが、それでも問い合わせは出てきている。このホルダーもアメリカ製の物を韓国の会社が利用しているもの。
  •  用品はネットで買うのがかなり一般的になっている。上野のような(注:コーリンのことだと思われる)大型バイク用品店は、韓国ではほとんどないのではないかとのこと。

 ちなみにホルダーは結局59,000ウォンを50,000ウォンまで値引きしてもらいました。

 さて、これで必要な物は全部そろいましたので、あとは設置ですが、それは次のエントリーに分けましょう。

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

上毛戦隊グンマン見参っ!!

Simg_1034 群馬限定ヒーロー見参!

 その名も…

   上毛戦隊グンマンっ!!

  

 

Simg_1040_2 グンマンのリーダー、必殺技がだるま落としの「だるまレッド」と、

  

Simg_1039_2  元アイドルで移動は常にローラースケートな「グリーンキャベツ」、

 

Simg_1038  こんにゃく好きで趣味がこんにゃくダイエットな「こんにゃくブルー」

 

 

 

の3人のヒーローが、熱烈に群馬をアピール中!!

 

 

 

 この2週間日本に帰国していた妻と娘が私にくれたおみやげです(玉原高原ラベンダー農場で買ったそうです)。

 

 こんなおみやげを買ってきてくれるこのセンス!とってもステキ!

 これでこそ我が家族!(爆) 

 …それにしても、いつも家族達は私のことをどう見ているんだろう。。。

追記

 ちなみに、娘が自分用に買ってもらったおみやげは…

 

Simg_1036 マリー=アントワネット=キューピーちゃん。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »