« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

大渋滞!

今日は大晦日。

Img_2195  サンデーとマガジンを買いに、鐘閣の永豊文庫まで行ってきました…が、これが時間を間違え、大渋滞。

 奥さんを、ソウル駅のロッテマートで降ろした後、西大門経由で行こうとしたのですが、西大門の交差点はすでに大渋滞が始まっていました。その結果、普段なら5・6分で行くところが、なんと1時間近くかかってしまいました。

Img_2199  これは、鐘閣でのカウントダウンイベント&除夜の鐘のためにリハーサルが始まってしまっており、これに伴う交通規制で、まだ5時半前なのに、大渋滞を来している状況です。

 おかげで、とんでもない1年の終わりになってしまいました。

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

벼랑 위의 포뇨(崖の上のポニョ)

Sponyo_korean_poster  遅くなりましたが、龍山のCGVに「崖の上のポニョ」を見てきました(本当は12月20日に行く予定でしたが、種々の事情により、行けなかったのです。)。

 アニメ自体はとってもおもしろかったのですが(というか…海賊版ですでに見ていたし。。。ぼそっ)、びっくりしたのは、思ったよりも人が入っていなかったこと。平日とはいえ冬休み中の13:30の回で、289席の3分の1も埋まっていないというところでした。

 龍山CGVでは、全回日本語-韓国語字幕なのですが、そのせいなのかなぁ。。。と妻と話をしていたのですが、韓国での各種予約売り上げ1位と聞いていたので、行く前は「混むかなぁ…」と心配していただけに、正直拍子抜けでした。(話は変わりますが、龍山CGVの予約機は、例によって住民番号がないと予約ができないというふざけた仕組みです。外国人を差別しているこの制度は、本当に何とかならないですかねぇ。。。)

 とはいえ、娘も私たちも大満足して帰ってきましたので、難しい話は抜きにして、楽しめたので良しとしましょう。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

国立中央博物館

Simg_2099  近くにあるとかえってなかなか行けない所があります。

 国立中央博物館もその一つ。我が家からそのまま様子が見ることができ、直線距離にしても数百メートルあるかないか。

 博物館ということもあり、なかなか行くこともなかったのですが、寒いこともあり、近場で、とばかり、午後、家族で出かけてきました。

Simg_2106  ちょうど、統一新羅時代の彫刻の特別展と日本画の特別展をやっており、特に仏像彫刻がメインの統一新羅時代の彫刻展の方は、入り口の雰囲気もあって、娘は最初怖がってあまり入りたくない様子。

 しかし、妻が仏像の手の形などを教えながら見ているうちに、興味深くなってきたようで、途中からは、おもしろそうな(例えば十二神像のような、動物の顔をしているようなモノとか、阿修羅像のように手が沢山あるヤツなど…)モノを見つけると、興味深げに見ていました。

 ところで、この国立中央博物館ですが、入場料は大人3,000ウォンで特別展と常設展が両方見ることができ、とってもリーズナブル。日本の東京国立博物館は、常設展で600円に特別展がさらに1,000円近く取られると、その差は相当なモノになります。

 また、子ども向けの特別の展示があり、こちらは、時間ごとに人数が限定されはしますが、展示物をさわりながら、また、いろいろな体験をしながら勉強できるとあって、かなり人気のある展示も行っています。こういったモノを比べると、正直、日本ってまだまだだなぁ…と思ったりもするところです。

 あと、正直ビックリしたのは、写真が撮れる(と思われる)点です。

Simg_2145  館内様々な場所に禁止表示が立っているのですが、それを見る限り、ストロボと三脚さえ使わなければ大丈夫ともとれる表示になっているのです。実際試しにと写真を撮ってみたのですが、たぶん係員の方がいましたが、何も言われませんでした。ちなみに、写真撮影禁止になっているのは、ミュージアムショップだけだったと思います(ほかは気がつきませんでした)。これも、進んでいるというべきか、レプリカ?と思わせてしまうというべきか…。少々複雑なところです(そう言えば、台湾の故旧博物館も写真OKだった気が…)。

 ということで、私が本日一番見たかった、というか、ここに来たら「コレ!」という方の写真も、撮ってしまいました。国宝83号「金剛弥勒菩薩半跏思惟像」。日本の広隆寺の「木造弥勒菩薩半跏思惟像」とよく似ているために、その関連性を指摘されることが多い仏像です。

Simg_21602    私は、彼には始めての訪韓である1990年に、国立博物館が、今はすでにない、朝鮮総督府の建物を使っていた時に、一度お会いしているのです。

 やはりこの端正な感じがとても良く、本当に綺麗な仏像の一つだと思いますし、また展示方法がとっても考えられていて、魅力を引き出しています(もっというと、ガラスケースの周りがぐるっと一周できるので、展示方法としてもよく考えられていると思います)。

 皆さんも、もしこの博物館を訪れることがありましたら、彼だけは立ち寄ってみてください。

国立中央博物館 日本語のページ  http://www.museum.go.kr/jap/index.jsp

ソウルナビの紹介ページ   http://www.seoulnavi.com/miru/miru.php?id=11 

| | コメント (0)

父親サンタ顛末;

 さて、夜、娘が十分に寝たのを確認して、枕元にプレゼントを置いて、父親サンタの仕事その1は終わりです。後は朝になりどう反応するかが楽しみです。

Simg_2097  で、朝、やはり娘に起こされました。

 「サンタさんが来てプレゼントくれた~♪」

 一応、欲しがっていたおもちゃ(キッチンセット)だったので、とても喜んでいますし、サンタクロースがくれたということも喜んでいましたので、父親サンタとしてはしてやったりでした。

 とはいっても、昨年のクリスマスの記事でも書きましたように、妻の実家は超現実的な家ですので、その娘である妻も娘にいらんことを言ってる可能性はあります。

 実際、娘も

 「誰が買ってくれたの?」

 (よしよし、その言葉、待っていたぜぃ)

 「昨日、サンタのおじさんがうちにも来てくれたんだよ。」

 「え~?本当?」。。。妻も”また言っているなぁ”という顔をしてこちらを見ています。

 「本当だよ。パソコンで見ていたら、ちょうどソウルに来たのが解ったので待っていたら、来たんだよ。」

 「うそ~!!そんなの解るの?」

 「もっちろん(大いばり!)、ほらっ。アメリカの偉い人たちが、毎年、サンタさんが今どこにいるか教えてくれるんだよ。」

と、グーグルアース上でサンタの現在地を見せると、娘は「すっげ~!すっげ~!」と大興奮。妻もちょっとビックリしたようで、父親サンタとしてはしてやったり。

S  これは、グーグルとNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が協力して提供しているギミックで、グーグルアースにプラグインを組み込むことで、NORADが偵察衛星で追跡調査しているサンタの現在地の様子をグーグルアースの衛星写真にあわせて載せてくれるというモノ。数分おきに現在位置も変わるのでとってもリアル。ちなみに左は、アフリカのダカール沖にあるガーデボルデ島を飛んでいるサンタさんの様子です。

 娘は、その後一日中「今どこかなぁ?」と何度もパソコンをのぞき込みに来ていました。

 今年の父親サンタは大成功!グーグルとNORADに感謝です。

追記:

 NORADのサンタ追跡は、1955年にCONAD(中央防衛航空軍基地)が始めたサンタ追跡を引き継ぎ、クリスマスイブの夜中から追跡の様子を公開しているという、なんと54年にも及ぶイベントなんだそうです。

 しかも、スーパーが子ども向けにサンタクロース・ホットラインを開設したときの広告に、間違えてCONAD基地指令へのホットライン(!)の電話番号を載せてしまったのが事の発端だそうで、子ども達からの電話に司令官ハリー・シャウプ大佐が、「レーダーを調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」と回答して以来の恒例行事になったと言われているそうです。(Wikipedia)

 どこぞの国の司令官のように、アホな論文を書いてクビになっているのとは大違いですね。この辺にアメリカ人のユーモアのセンスを感じます(アメリカンジョークはよくわからないのが多いけど。。。)。

 

| | コメント (1)

2008年12月24日 (水)

ローストチキン♪

今日はクリスマス・イブ♪

Simg_2073 ということで、ローストチキンを作ってみました。

 いやぁ、夢だったんですよね、1羽丸ごとのローストチキン。子どもの頃、絵本で見たあの絵以来のあこがれだったのですが、チキンレッグは食べれても、丸ごと、なんて夢のまた夢。。。

 なので、「ガスオーブンがある今だから、鶏が安い(捌いてある生の1羽丸ごとが、7000ウォンくらいからあります)韓国にいる今だから!」と、怪訝な顔をしている奥さんを説き伏せてのチャレンジです。

 レシピはこちらのモノを参考に。ただし、子どもがいるのであまりハーブが効いても食べなくなる可能性があるため、ハーブ抜きで作りました。

Simg_2088  前日に塩・こしょうを塗り込み、一晩冷蔵庫で寝かせ…

 野菜を詰め込み、後は焼くだけ…なのですが、全部で1時間くらい!

 その代わり、皮はパリパリ、中はと~ってもジューシーで超絶品!!!

Simg_20932  おなかに詰めた野菜達も、良い感じで味を吸い込んで、これまた超美味!

 我ながら、美味しくいただき、幸せなクリスマスイブを迎えることができました。

 ステキなレシピをアップしてくれたエルンさんと、わがままを許してくれた奥さんに感謝。

さて、これからお父さんはサンタさんになります。娘は明日、どんな反応を示すのでしょう?

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

マリア様。。。

Sdsc_9384     韓国には、国民の1/3がキリスト教徒ということもあって、沢山の教会があります。

 我が家のすぐ横にもハンガン教会という教会があるのですが、そこでもクリスマスにちなんだオブジェがありました。

 まさに、キリストが生まれる馬小屋を再現しています。   

Sdsc_9391

Sdsc_9386

  

 

  

Sdsc_9394

 私は宗教を全く信じていないのですが、それでも、こんな風に優しい笑顔が自然にでるようになれたらいいなぁ。。。とガラにもなく写真を撮りながら思いました。

 これもクリスマスの不思議な力なのでしょう。。。

  

  

追記

Simg_2173 12月25日、クリスマスその日に行ってみると…

 ちゃんとイエス様はお生まれになっていました(布団に入っているのが、ほほえましい…)

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

2008年~2009年冬 イルミネーション 〔追加〕

 イルミネーションの写真ですが、先日アップした物はCanon IXY 900ISによるモノだってのですが、せっかくなので、Nikon D70 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm + クロスライトフィルターでソウル噴水を撮り直してみました。

 クロスフィルターをかけると少々甘くなるけど雰囲気は良い感じに思えます。

Sdsc_9377
 噴水の水の流れもイルミネーションで再現。

   

  

   

Sdsc_9371
 噴水には彫刻があります。

   

  

   

Sdsc_9380
 噴水と韓国銀行貨幣博物館

   

  

   

 Sdsc_9361
 噴水と新世界百貨店

   

  

   

 

Sdsc_9373
 韓国銀行貨幣博物館

   

  

   

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

2008年~2009年冬 イルミネーション

 今年もイルミネーションの季節がやって来ました。

 経済を反映してか、若干いつもよりも地味っぽく感じられます(実際、市庁前も清渓川も、あのルミナリエもどきが無いし…)。

Simg_1852 国鉄・地下鉄1号線龍山駅前

   

  

   

Simg_1860 ロッテデパート(明洞)前

  

    

   

Simg_1886 ロッテ・ヤングプラザ

    

    

   

Simg_1975  永豊文庫(鐘閣・清渓川側入り口)

  

    

   

Simg_1978  永豊文庫(鐘閣・鐘閣駅側)

  

  

   

   

Simg_1979 ソウル噴水と新世界デパート

  

    

   

Simg_1991 ソウル噴水と韓国銀行貨幣博物館

  

  

  

Simg_1987 ソウル噴水と中央郵便局

   

 

  
  

  

   

   

おまけ
Simg_1898 明洞ミリオレの野外ステージで踊っていた、小学生くらいの女の子達。
 曲とダンスは、もちろん今年の冬1番のダンスナンバー、ワンダーガールズの「Nobody」。
 ダンスのキレも良かったし、とってもかわいいくせに、妙に色っぽかったです。

   

  

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

雪…あ、しまった!!

Simg_1960 今日は日曜日。

 寝坊して娘に起こされてみると、外は雪!(雪自体はちょっと前にパラぱらっと来たのがありましたので初雪ではありません。)

 しかも、結構うっすらと積もりはじめています。これを見て、娘はすでにハイテンション。「雪だるまを作って遊ぶ~!」

Simg_1962 残念なことに、昼前には日が差してきて、止んでしまいました。

 娘も残念がっていましたが、私もちょっと残念に思っていました。

 昨日の土曜日、タイヤを換えに行くのをすっかり忘れていたのです。

 仕方ないので、明日、換えに行くことにしましょう。

p.s.

 ソウルはスキーに行くとか地方に行く人以外は、ほとんど夏タイヤのままです。

 なので、ちょっと雪が降るだけで、ツルツル、ゴッツンと良くやっていますので、運転する人もしない人も気をつけてください。  

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »