« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

どう考えても理解できません

油断していた私がいけなかったのでしょう。

 しかし、どうしても納得できないのも正直なところです。

 

Simg_2611  いつものようにサンデーとマガジンを買いに永豊文庫に行ったあと、隣の大阪お好み焼き屋「とんあり」にいき、大満足に食事を終えて地上に出てみると、そこはデモ隊と戦闘警察と一般市民が騒ぎあっている、とんでもない場面となっていました。

 特に戦闘警察は、清渓川沿いの道を、ウジョンククロ(郵政局路=鐘閣~ロッテデパート~新世界百貨店・3号トンネルへの道)から東には、”絶対に一人も通さない!”という感じで、びっちり詰めています。

Simg_2620_2  戦闘警察に、永豊文庫に車があり、自分たちは外国人だと言っても聞いていないふり。周りのデモに参加していない一般人の人や他の外国人が何を言っても馬耳東風。当然、辺りは騒然となりました。

 娘が怖がり出して、半べそかき始めた頃、見かねた韓国のお兄さん(持っていたカメラから、どこかの新聞社のカメラマンっぽい雰囲気がありました)が、自分に付いてこい…と案内してくれました。

 彼の話によると、このデモは、もちろん龍山の土地再開発での死傷者が出た事件の関連もあるが、やはり、経済が良くないことで、李明博大統領に対する不満をぶつけるモノだということでした。

Simg_2621  しかし、正直な話、このような状況を、しかも時には恐怖感を与えながら外国人に見せてしまうと、経済的にはかなりのマイナスになるのではないかという感想が、正直ノドまで出かかったのですが、何とか気力と理性で押さえ込みました。

 本来なら福祉とか経済対策に回せるはずの税金を、無駄に戦闘警察を配備するために使い、道路の混雑や道沿いの何も悪くないお店は客が来なくなり被害を被る…良いことは何一つ無いと思うのですがどうでしょうか。

 海外のあるメディアは、韓国のこの状況を「小さな子どものようだ」と報道したそうですが、早く大人になって欲しいと思うモノです。

  

| | コメント (1)

2009年1月26日 (月)

旧正月

今日は旧正月。

Simg_2570  なので、我が家もマンドゥククを付くって食べました(写真右側。左は豆腐のジョン(具1つ1つごとに焼いたチヂミのようなモノ))。

 韓国では、日本のお雑煮のように、トックク(餅のスープ)やマンドゥクク(水餃子のスープ)などを食べるそうです。

 皮は普通の市販の皮で、あんは挽肉と水気を絞った豆腐に調味料というシンプルなモノ。

 娘もキャイキャイ言いながら作っていたのですが、食べるときになって、「いらな~い」。

 でも、味はとっても美味しかったです!

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

アルプス一万尺

アルプス一万尺

  娘が歌っていたのでWikipediaで調べてみました。

  • 作詞者 不明
  1. アルプス一万尺 小槍の上で アルペン踊りを 踊りましょ
  2. 昨日見た夢 でっかいちいさい夢だよ のみがリュックしょって 富士登山
  3. 岩魚釣る子に 山路を聞けば 雲のかなたを 竿で指す
  4. お花畑で 昼寝をすれば 蝶々が飛んできて キスをする
  5. 雪渓光るよ 雷鳥いずこに エーデルヴァイス そこかしこ
  6. 一万尺に テントを張れば 星のランプに 手が届く
  7. キャンプサイトに カッコウ鳴いて 霧の中から 朝が来る
  8. 染めてやりたや あの娘の袖を お花畑の 花模様
  9. 蝶々でさえも 二匹でいるのに なぜに僕だけ 一人ぽち
  10. トントン拍子に 話が進み キスする時に 目が覚めた
  11. 山のこだまは 帰ってくるけど 僕のラブレター 返ってこない
  12. キャンプファイヤーで センチになって 可愛いあのこの 夢を見る
  13. お花畑で 昼寝をすれば 可愛いあのこの 夢を見る
  14. 夢で見るよじャ ほれよが浅い ほんとに好きなら 眠られぬ
  15. 雲より高い この頂で お山の大将 俺一人
  16. チンネの頭に ザイルをかけて パイプ吹かせば 胸が湧く
  17. 剣のテラスに ハンマー振れば ハーケン歌うよ 青空に
  18. 山は荒れても 心の中は いつも天国 夢がある
  19. 槍や穂高は かくれて見えぬ 見えぬあたりが 槍穂高
  20. 命捧げて 恋するものに 何故に冷たい 岩の肌
  21. ザイル担いで 穂高の山へ 明日は男の 度胸試し
  22. 穂高のルンゼに ザイルを捌いて ヨ-デル唄えば 雲が湧く
  23. 西穂に登れば 奥穂が招く まねくその手が ジャンダルム
  24. 槍はムコ殿 穂高はヨメご 中でリンキの 焼が岳
  25. 槍と穂高を 番兵において お花畑で 花を摘む
  26. 槍と穂高を 番兵に立てて 鹿島めがけて キジを撃つ
  27. 槍の頭で 小キジを撃てば 高瀬と梓と 泣き別れ
  28. 名残つきない 大正池 またも見返す 穂高岳
  29. まめで逢いましょ また来年も 山で桜の 咲く頃に

 こんなにあったんですねぇ。

 一般的に歌われているのは、1.4.6.19.20.3.21.28.29を1~9番として歌っているそうです。すっかり忘れていました。

 ちなみに原曲はアメリカの愛国歌「ヤンキードゥードゥル」だそうで、ペリー来航の際、上陸時に行進曲としても使われたそうです。 

 Yankee Doodle went to town,     ヤンキードゥードゥルが

 a-riding on a pony;           子馬に乗って街に行った 

 Stuck a feather in his cap       帽子に羽根をつけて

 and called it macaroni.         イタリア仕込みの洒落男

 [ Chorus ]

 Yankee Doodle Keep it up,               ヤンキードゥードゥルその調子       

 Yankee doodle dandy.          ヤンキードゥードゥルいかしてるね

 Mind the music and the step.     音楽に合わせてステップ踏めば

 And with the girls be handy!      女の子たちもイチコロだ!

      

 訳はWikipediaに掲載されていたものですが、良いですねぇ、アメリカっぽくて。

Kurenainobuta  私は、この歌詞を見たときに、(←)この人、カーチスさんを思い出しました。きっと、ポルコ(左)に負けてアメリカに帰ったあとは、「イタリア仕込みのきざなイタリア野郎」で通っていたんでしょうね(イタリアにいたときは「アメリカ野郎」と呼ばれていましたが。。。)

 … それにしても、Wikiすごすぎ!

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

起きたら雪でした

Simg_2544_2 朝起きると、かなりの雪が!

 今日は早くに出勤しなければならなかったので、ちょっと気を重くしながらの出勤になりました。

 はやり街ゆく人は寒そうです。

Simg_2538  また、ソウルの場合、ほとんどの車がスタットレスなんか履かずに夏タイヤのままですから、かなりビビっているのがよくわかります(もちろん私はスタットレスを履いています)。

 左の写真は、南山の麓、1号トンネル明洞側出口ですが、なんか、スキーに行っているかのようですね。

  

Simg_2549_2  そんな中、なんと白バイのお巡りさんが、バイクで警邏中!

 いくらBMW R1200RTだからといって(韓国の白バイは、古いのだとハーレー、中くらいのだとBMW R1100RS、新しいのが、このRTです)、確かグリップヒーターは標準装備だったはず…シートヒーターも、これだけ寒い国ですから、装備してそうですが、それにしてもこんな雪の中まで白バイ走らさなくても…。

Simg_2551  微妙に後輪を滑らしながら曲がっていったお巡りさんに、「がんばってね」と思わず(暖房とシートヒーターを効かせた車の中から(爆))声をかけてしまいました。

 (←鐘路3街、タプコル公園前交差点)

 

 ちなみに雪は午前中であがり、午後には日差しが出ていたのですが、さすがに気温は寒く、帰りにガソリンスタンドに寄ったときには、凍り付いて給油口が開かなかったです(まぁ、ガソリン自体は余裕があったから良いんですけどね。)

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

からくり人形展

Simg_2530_2  日本大使館公報文化院では、新年日本文化展として「からくり人形展」を行っています。

 目玉はお茶運び人形「ちゃー坊」。

 お客さんにお茶を出して、そのまま主のところに戻っていくというあれです。

  

Simg_2534  今回の展示品はレプリカだそうですけど、それでもその動きは、とてもかわいかったです。

 ほかにも、簡単な仕掛けを使ったからくり人形(?)を展示していますので、ご興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

お正月。。。

Simg_2210_2  ということで、お正月の過ごし方ですが、基本的には、家でのんびり過ごすことにしました(ていうか、ご招待しようとした人にフられてしまったのです。。。)。

 三谷屋さんでお願いしたおせち料理1人前と、奥さん作成のおせち料理、お雑煮等を食べ、サッカー天皇杯をまったりと見たあとは、なぜか、アップルパイを作成することに。

 

Simg_2213  パイは本当はパイシートなるものを利用して作るそうなのですが、韓国の大手スーパーにそのようなものは売っておらず。。。結果生地から作ることに。

 

 

Simg_2230  

 娘も大喜びで作っていましたが、味もこれまた大満足の品(の割には、娘はあまり食べませんでしたが。。。)。

こうして、2009年も、ダイエットなんて遠いところからスタートしたのでした。

 

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます!

いよいよ今年は韓国での最後の年となりそうです。

 残り少ない駐在期間ですが、それまではいろいろな仕事が待っていそうです(休み明けの1週間は、地獄の1週間にどうやらなりそうですし。。。。

 とはいえ、二度とは来ないであろう外国生活を、どれだけ楽しんでいけるか、というのも重要なポイントでしょう。そういえば、まだ行っていないところもいくつかありますし、食べてないものもありますしね。

 ということで、残り少ない韓国生活を可能な限り楽しみたいと思っておりますので、韓国の皆さんにおかれましては、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 また、日本の皆さんにおかれましては、帰国した折には、以前と同様ご迷惑をおかけすると思いますので、その節にはよろしくお願いいたします。

     

 皆さんにとっても、良い年になりますように!!

| | コメント (3)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »