« 旧正月 | トップページ | あほ。。。としか言葉が出ませんでした »

2009年1月31日 (土)

どう考えても理解できません

油断していた私がいけなかったのでしょう。

 しかし、どうしても納得できないのも正直なところです。

 

Simg_2611  いつものようにサンデーとマガジンを買いに永豊文庫に行ったあと、隣の大阪お好み焼き屋「とんあり」にいき、大満足に食事を終えて地上に出てみると、そこはデモ隊と戦闘警察と一般市民が騒ぎあっている、とんでもない場面となっていました。

 特に戦闘警察は、清渓川沿いの道を、ウジョンククロ(郵政局路=鐘閣~ロッテデパート~新世界百貨店・3号トンネルへの道)から東には、”絶対に一人も通さない!”という感じで、びっちり詰めています。

Simg_2620_2  戦闘警察に、永豊文庫に車があり、自分たちは外国人だと言っても聞いていないふり。周りのデモに参加していない一般人の人や他の外国人が何を言っても馬耳東風。当然、辺りは騒然となりました。

 娘が怖がり出して、半べそかき始めた頃、見かねた韓国のお兄さん(持っていたカメラから、どこかの新聞社のカメラマンっぽい雰囲気がありました)が、自分に付いてこい…と案内してくれました。

 彼の話によると、このデモは、もちろん龍山の土地再開発での死傷者が出た事件の関連もあるが、やはり、経済が良くないことで、李明博大統領に対する不満をぶつけるモノだということでした。

Simg_2621  しかし、正直な話、このような状況を、しかも時には恐怖感を与えながら外国人に見せてしまうと、経済的にはかなりのマイナスになるのではないかという感想が、正直ノドまで出かかったのですが、何とか気力と理性で押さえ込みました。

 本来なら福祉とか経済対策に回せるはずの税金を、無駄に戦闘警察を配備するために使い、道路の混雑や道沿いの何も悪くないお店は客が来なくなり被害を被る…良いことは何一つ無いと思うのですがどうでしょうか。

 海外のあるメディアは、韓国のこの状況を「小さな子どものようだ」と報道したそうですが、早く大人になって欲しいと思うモノです。

  

| |

« 旧正月 | トップページ | あほ。。。としか言葉が出ませんでした »

コメント

韓国のあるメディアは「健全なデモ文化を」と主張してました。「デモ」がないのが「健全」じゃねえのかと私は苦笑しましたが・・・。

投稿: tokei | 2009年2月 2日 (月) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧正月 | トップページ | あほ。。。としか言葉が出ませんでした »