« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月22日 (火)

無事帰着

 雨に濡れる乗鞍高原を朝9時に出発。

 途中、食事休憩や、何度かの渋滞に巻き込まれながらも、午後3時ちょうどに無事帰着。

 渋滞に巻き込まれながらの6時間は立派なデータ。

 思ったより早くに到着したので、1ヶ月遅れの「1ヶ月点検」に車のディーラーへ。

 本当は掃除してからとも思ったのだが、明日になると動く気力がないかとも思い、今日点検をしてもらう事に。ディーラーさんは点検だけじゃなくピカピカに掃除もしてくれた。本当に申し訳ございませんでした&ありがとうございました。

 ということで、命の洗濯は終わり、明日1日疲れを取ってから、また地獄のような職場がまっています。

 … は~やく来い来い冬休み~♪

FIT-RSデータ

 走行距離:651.5km

 消費燃料:45.2リットル(満タン法)

 平均燃費:14.4km/L

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

あぁ野麦峠。。。

 乗鞍2日目の今日は、上高地に行って、目の保養と心の洗濯をするはずでしたが、国道158号の上高地・安房峠方面行きは、超渋滞により全く動かず、乗鞍スーパー林道は工事等で抜け道として使えず、もちろん乗鞍スカイラインはマイカー規制と、まさに三重苦とでも言うべきほど異常な事態により、上高地行きをあきらめざるを得ない状況になってしまいました。

 後から他の宿泊客に聞いたところ、上高地もマイカー規制がかかっていて沢渡でバスに乗り換えなければならないのですが、そのバスがあがってこれなかったため、上高地行きはかなり難しかったようです。

Sdsc_0930  そこで、上高地とは逆に少しくだったところにある奈川渡ダム(と、そこに併設された東京電力の電力館)を見学する事にしました。

 ここは、1日5回ぐらい、係の案内つきで、ダムの底や発電機を見せてくれるのですが、実際にダムの真下から見上げたときには、その技術力のすごさというのを目の当たりにする事ができます。

 昨今ダム建設が色々と取りざたされておりますが、やはり現場に立ってみると、新聞紙上を賑わしていることだけにとらわれずに、いろいろな事を考えさせられるいい機会となりました。

 午後は、山の方を見るとかなり雲が出てきているようなので、上高地は次回に譲って(午後1時すぎでもまだ上高地方面に向けては渋滞していたというのが決め手になりました)、良い機会だからと野麦峠へ。

 昔に比べてかなり整備された野麦峠は、それでも車で行くにはコチャコチャした林道もどきの峠でもありますので、往時を偲ぶとまでは行きませんが、それでも、あの深い山を当時の女の子達は何を考えながら越えていったかと思うと、普段「峠」と言えばバイクで楽しく、いかに上手く越えるかとしか考えていない私にとって、また感慨深いモノがあります。

Sdsc_0947_2  そんな事を考えながら、乗鞍岳を見ると、偶然にもきれいに晴れ渡っています。私たちが乗鞍に来る前日に熊が出て何人かが襲われたなんて記事が嘘のように、きれいな姿を見せてくれました。

 やっぱり山は良いなぁ…などと、いっぱしの登山者のような偉そうな感想を漏らしながら、「バイク(や自動車)」で行けるところのみをさまよっているTaku.Minなのでした。

 もちろん、早めに宿について、近所のおみやげ屋さんで買い物をして、昨日同様、じ~くりと温泉を堪能しました。

 明日は、天気予報でくもり「時々雨」との事。

 来るときのように渋滞にはまって悲しい事にならないよう、明日は早くに出発する事に。

 さて、笹子峠や小仏峠(もちろん、中央高速のトンネルですよ!)が無事何事もなく越えられると良いのですが、さてどうなることやら…。

 

 

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

星の降る夜に考える…

 待ちに待ったシルバーウィーク。

 この夏に休みが取れなかった私としては、待ちに待った大型の休暇です。

 そこで、私の定宿である乗鞍高原「四季の宿あづみ館」へ、家族とともにのんびりしに(もちろん車で)来ています。

 まぁ、覚悟はしていたのですが、本当に道はどこも激混み!高速はもちろん、下道も…。いつもなら4時間半~5時間見ておけば十分なはずなのに、この日は当初の予定より3時間近くも遅れての乗鞍高原到着です。

 といっても、すでに宿の食事時間まではそれほど無い状況。となると、お気に入りの温泉で夏にこびりついた疲れをじっくり落とします。

 ここの宿は、もちろん源泉掛け流しというやつで、白骨温泉とほとんど同質のとっても気持ちが良い温泉なのです。露天じゃないのが玉に瑕ですが、総檜の浴室は、ゆったりできて私のお気に入りの宿なのです。

 食事(またこれが私好みの良い味をしているのです)の後は、家族を伴って、ホテル近くの暗闇へ…。って良からぬ事をするのではなく、星空を見るためです。

Sdsc_0909_2  この日は偶然とも言うべきとても空気が澄んでいて、雲一つ無く、まさに満天の星、プラネタリウム状態!肉眼でも十分に天の川が見れるほど(左の写真で、左下から右上にかけてぼやっとした雲のようなモノが見えますが、それが天の川です(左上の赤い光はすぐ横を通っている自動車のヘッドライトが写り込んだもの))。

 妻は初めて本物の天の川を見たとの事でやや興奮中。娘は…暗さにビビって、こちらも少々動揺中。

 気温もかなり下がってきている事ですので、一度部屋に戻り、子どもを寝かしつけてから、私一人でカメラを持って再度星を見に。

 それにしても、これだけの満天の星に包まれていると、本当にいろいろな事を考えてしまいます。

 仕事の事、生活の事、家族の事、趣味の事、これからの事…。

 とっても良い命の洗濯になりました。

 

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

長十郎

 今日、職場で、偶然梨の話になったのですが、若い20代半ば女の子は、長十郎という梨を知りませんでした。

 え~っとおじさん達が騒ぎ…、31歳の男性も知らないとのたまう…。

 私は、梨と言えば「長十郎」か「20世紀」という育ち方をした世代。

 ジェネレーションギャップを感じてしまいました。

… 確かに最近は見かけないけど、大学生の頃は普通に売っていたんだけどなぁ。。。

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

不快な疲れ・心地よい疲れ

今日は月曜日なのに、俺の身体は、まるで昔はやったパワーアンクルでもつけているかのように、ずっしりと重い。。。

 身体の芯から疲れが溜まっている。

 そう、昨日の日曜日の疲れが今頃出てきているのだ。若い頃なら当日に疲れて翌日は楽だったのに…俺も年を取ったものだ。

 それにしても、この疲れはどうだ。身体自身は重いけど、不思議と嫌じゃない。そう、この疲れは、昨日の久しぶりのツーリングによるモノだからだろう。

 不思議なモノで、一日中バイクを乗り回した翌日の疲れは、身体は重くても嫌な重さに感じない。

 これが、出張によるモノだったら…。

 例えば富士山など、バイクで良く行くところと同じところに行って、会議という一日動き回るわけでもなく、電車とタクシーで自分で運転するわけでもない…。

 それでも、同じくらい、いやそれ以上に疲れて、やる気もなく…そう不快な疲れだけが溜まり、代休がいつ取れるかスケジュール帳とにらめっこしてため息をついて、ただただ次の週末を心待ちにして日々を過ごしているに違いない。

 バイクに乗ると脳が活性化されるとの研究成果が発表されていたが、そんな事はバイク乗りならみんな経験として知っている。まさに今の疲れ方がそれを証明しているのだろう。

 だから、せめて今日一日ぐらいは、またバイクに乗れる日を指折り数えて、この疲れに身を任せて楽しむ事にしよう。
 「仕事は?」なんて野暮な質問は無しにしようぜ、なっ?!

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »