« 星の降る夜に考える… | トップページ | 無事帰着 »

2009年9月21日 (月)

あぁ野麦峠。。。

 乗鞍2日目の今日は、上高地に行って、目の保養と心の洗濯をするはずでしたが、国道158号の上高地・安房峠方面行きは、超渋滞により全く動かず、乗鞍スーパー林道は工事等で抜け道として使えず、もちろん乗鞍スカイラインはマイカー規制と、まさに三重苦とでも言うべきほど異常な事態により、上高地行きをあきらめざるを得ない状況になってしまいました。

 後から他の宿泊客に聞いたところ、上高地もマイカー規制がかかっていて沢渡でバスに乗り換えなければならないのですが、そのバスがあがってこれなかったため、上高地行きはかなり難しかったようです。

Sdsc_0930  そこで、上高地とは逆に少しくだったところにある奈川渡ダム(と、そこに併設された東京電力の電力館)を見学する事にしました。

 ここは、1日5回ぐらい、係の案内つきで、ダムの底や発電機を見せてくれるのですが、実際にダムの真下から見上げたときには、その技術力のすごさというのを目の当たりにする事ができます。

 昨今ダム建設が色々と取りざたされておりますが、やはり現場に立ってみると、新聞紙上を賑わしていることだけにとらわれずに、いろいろな事を考えさせられるいい機会となりました。

 午後は、山の方を見るとかなり雲が出てきているようなので、上高地は次回に譲って(午後1時すぎでもまだ上高地方面に向けては渋滞していたというのが決め手になりました)、良い機会だからと野麦峠へ。

 昔に比べてかなり整備された野麦峠は、それでも車で行くにはコチャコチャした林道もどきの峠でもありますので、往時を偲ぶとまでは行きませんが、それでも、あの深い山を当時の女の子達は何を考えながら越えていったかと思うと、普段「峠」と言えばバイクで楽しく、いかに上手く越えるかとしか考えていない私にとって、また感慨深いモノがあります。

Sdsc_0947_2  そんな事を考えながら、乗鞍岳を見ると、偶然にもきれいに晴れ渡っています。私たちが乗鞍に来る前日に熊が出て何人かが襲われたなんて記事が嘘のように、きれいな姿を見せてくれました。

 やっぱり山は良いなぁ…などと、いっぱしの登山者のような偉そうな感想を漏らしながら、「バイク(や自動車)」で行けるところのみをさまよっているTaku.Minなのでした。

 もちろん、早めに宿について、近所のおみやげ屋さんで買い物をして、昨日同様、じ~くりと温泉を堪能しました。

 明日は、天気予報でくもり「時々雨」との事。

 来るときのように渋滞にはまって悲しい事にならないよう、明日は早くに出発する事に。

 さて、笹子峠や小仏峠(もちろん、中央高速のトンネルですよ!)が無事何事もなく越えられると良いのですが、さてどうなることやら…。

 

 

|

« 星の降る夜に考える… | トップページ | 無事帰着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星の降る夜に考える… | トップページ | 無事帰着 »