« 旧新橋停車場跡 | トップページ | GPSロガー : WBT-202 検証 »

2009年12月29日 (火)

GPSロガー : Wintec WBT-202

Simg_5095  前々から欲しかった1品に「GPSロガー」がありました。

 これは、GPSログを記録し、どのように移動したのかをひたすら保存し続けるもので、一部のポータブル・カーナビの機能としてついていたり、カメラ用品としてオプション販売されていたりします。

 私の場合、ツーレポを書いたりする時に地図でルートを書いたり、旅行先で撮った写真がどこだったか…なんて事があるため、ぜひ欲しかった一品なのでした。

Simg_5092   いろいろと悩んではいたのですが、まぁ「え~い、頑張った自分へのクリスマスプレゼントぉ~♪」とついに買ってしまいました。

 とはいえGPSロガー初心者ですから、アドバイスが欲しい、ということで、今回は通販ではなく、少々高くてもと新宿にある専門店「GPSストア」さんに行きました。

 お店の方の親切丁寧な説明に納得をして買ったのが、このWintec社製の「WBT-202」、12,800円です。

Sws000011_2_2  100円玉3個分という非常に小さいのですが、感度は抜群ということで、結構有名な一品です。

 ちょうど買いに行ったときにはGPSロガーを買いに来た先客がいて、その人と一緒に色々と説明を聞いていました(だいたい40分以上だったでしょうか。いろいろな質問にも懇切丁寧に説明してくれたお店のお姉さんには本当に感謝です。値段で通販を選ぶのではなく、少々高くても直接行って話を聞いて良かったと思いました)。

 早速お店で簡単にセットアップ(といっても付属のMicroSDとバッテリーを入れるだけ)してもらい、コートのポケットに忍ばせて、お店からJR代々木駅→(JR)→高田馬場駅→(徒歩)→東京メトロ副都心線西早稲田駅と歩いてみました。

Sws000012_2_2  帰宅後ログを吸い上げて、Google Earthやお店のお姉さん推薦のフリーソフト「轍Wadachi」にルートを表示させてみまたのが、こちらです(写真を使っているのが「Google Earth」、地図に表示しているのが「轍」です。)。

 途中、電車の駅構内で上空が見えないところであったり、ビルの下を通ってはいますが、結果はごらんの通り、ぶれもあるモノのかなりの精度が出ていました。GPS精度はもちろん購入時のままです。高精度設定だとどうなるか、楽しみではあります。

Sws000013  また、「轍」を使うと、平均速度や最高速度、高度の移動量などを示してくれるので、それを眺めるだけでもおもしろいです。

 バイクや車で使ってみての結果は追ってまたレポートしますが、とても満足な1品です。

 さて、これを持ってどこに行こうかなぁ…

p.s.

 ガーミン取り扱いで有名な「GPSストア」さんの情報ですと、ZUMO660は当分かかるようです。何でもクレドールの仕様の日本化がまだクリアできないのだとか…。 

| |

« 旧新橋停車場跡 | トップページ | GPSロガー : WBT-202 検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧新橋停車場跡 | トップページ | GPSロガー : WBT-202 検証 »