« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

胸を張って、上を向いて、堂々と帰ってきてください。

 ん~っ!本当に惜しい、あまりにも惜し過ぎる「結果」でした。

 120分戦ってのスコアレスドロー。

 PK戦での残念な結果。

 確かに、今日はデンマーク戦ほどのキレは無かったように思うし、なぜ?と思うシーンが無かったわけではないのですが、それでも、何度かは、惜しいシーンもありました。

 PKはある種「運試し」みたいなところもありますし、これまでのW杯でも、日本人選手誰一人としてかなわないような、ビックネーム達も外してきています。なので「誰が」は問題ないのでしょう。

 それでも、選手達は皆さん、本当に頑張っていたと思います。ただ、気になるのは、それが選手達のがんばりであって、組織として、戦略としてどこまで一体になれていたのか、もしかしたら個々人の積み重ねで戦ったとしても、最後のチームとしての熟度の差が壁となったかもしれませんでした。

 日本チームの試合はこれで終わりましたが、まだでも宴は続いています。

 ここからは純粋に、レベルの高い、夢の宴を楽しむことにしましょう。

 何はともあれ、2010ワールドカップを戦い抜いた日本代表チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。

 恥じるモノは何もない、皆さん、胸を張って、上を向いて堂々と帰国してください。

 そして、また新たな4年後に向け、まずは個々人の積み上げを、そして新たな代表チームとしての積み上げを始めていってください。

 

 

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

ザウバーでフェラーリをぶち抜いた!

20100626sauber  鳥肌が立った1時間半。

 2010年F-1グランプリ第9戦、ヨーロッパGP in スペイン・バレンシアサーキット。

 日本人が、ナンチャッテではなく、前後にワールドチャンピオン2人、そう、今年もワールドチャンピオンを狙っている2人に挟まれながら、堂々と終始3位をキープしている。

20100628buemi  終盤、レギュレーション上致し方ないこととはいえ、ピットインにより9位に後退するも、ラスト2周で、元ワールドチャンピオン・F=アロンソの乗るフェラーリをぶち抜き、また最終ラップ最終コーナーでさらに1台抜いての、実力で7位入賞!

 走りで人々を魅了し、鳥肌を立たせることができるドライバーは、毎年20数名しかいない中でも、本当に一握りしかいない。

 その一人が、日本人ドライバー、小林カムイ選手であることは、長年F-1を見てきた私にとっては最高に嬉しく、そして片山右京選手以来長らく待ち望んできたシーンであった。

20100628kamui  良い体制と良いマシンが得られれば、彼はさらに飛躍できるだろうし、待ち望んでいるポディウムのてっぺんにカムイ選手が立つのを見るのも、もしかしたらそう遠くないかもしれない。

 サッカーW杯とあわせて、しばらくこの高揚感浸っていることにしたい。。。

 頑張れっ!カムイ!!

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

田植え体験

Simg_6711  東京育ちの私は、田んぼの周りでは遊んだことはあっても、田んぼの中に入るなんてことはしたことがありませんし(韓国の生協の産直体験は稲刈りでしたし…)、まして娘は…。

 そこで、お世話になっている東都生協さんが生産者とのふれあい事業の一環として、栃木県大平町で田植え体験を募集していましたので、申し込んでみました。

Simg_6660 さて、朝8時半に池袋に集合し、バスで一路栃木県大平町へ。

 今回お世話になる「JAしもつけ」の皆さんとの開会式の後は、おまちかねの田植え体験です。

 裸足で入ったのですが、柔らかく、ふかふかで、でも暖かいというとても優しい田んぼの感触。やっぱり土は良いなぁ…と思いました。

Simg_6674  田んぼの端から端まで印の付いたロープを張り、その印の所に植えていくのですが、それがかなり難しい。足跡のところが穴になっていて植えたつもりが浮いてきたり…。後から見るとばらばらでした。

 ちなみに田植えがこれだけ遅いのは、ビール用の大麦(なんと生産高全国1位とのこと!!)を刈り取った後に植えているからだそうです。

Simg_6685 その後、田植機のデモンストレーションがありましたが、とっても効率的にできているのがよく分かりました。子どもたちはそれに乗せてもらって大喜び。実は私も乗ってみたかった、というよりも運転してみたかったというのが正直なところ。

 田植えの後は、地元の方のお話を聞きながら、栃木県地場産のモノで作ったお弁当をいただきましたが、と~っても美味しく、またとてもためになるお話を伺いました。

Simg_6748 昼食後は、JAしもつけライスセンター(集荷し、乾燥させるところ。当然米は時季外れでしたので、麦の集荷等の状況を見学させていただきました。)を見学、道の駅みかもでおみやげを買い、6時前には帰宅できました。

 最初は田んぼに入るのにビビッていた娘も、最後には結構疲れたようではありましたが、土の感触や泥だらけになって楽しかったようです(それなりに友達もできたようです。)。

 秋には稲刈りイベントもあるとのこと。ぜひ参加しようと思います(休みがちゃんと取れるかはかなり微妙ですが…うちでも体験させてやるよ、という方がいらっしゃったら、ぜひよろしくお願いいたします。)。

    

    

Sws000005 【今回の地図】

  場所: 栃木県栃木市大平町

  品種: あさひの夢

  主催: 東都生協JAしもつけ 等

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

本田△

 なんとなんと、本田のゴールを皮切りに3得点でデンマークに勝って(3-1)グループリーグ突破!

 1得点目の本田のロングシュートは本当にしびれました。

 2得点目の遠藤のシュートは技あり、3得点目の岡田のシュートをお膳立てしたのも本田から。

 やっぱりこの人、かっこいいです。

 まずはおめでとう。そして、その後、より苦しい戦いに向け、頑張ってください。

 そして、夢の続きを私たちに見させてください。

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

【観察日記】 間引き&田植え

Simg_6645  稲もかなり大きくなってきましたので、いよいよ間引き&田植えです。

 25本の内、元気そうなヤツ4~5本を選んでよせて植えます。

 せっかく大きくなったのに…ということで、6本残して水を入れました。水は3日間ぐらいは少なめで、その後5cmぐらいとのこと。

 いよいよバケツも田んぼらしくなってきました。

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

【観察日記】 そろそろ間引きが必要か…?

Simg_6640  発芽してから18日。

 ほぼほとんどの種籾から発芽し、今では20cmを越える大きさになりました。

 そろそろ間引いて水田化する必要がありそうです。

| | コメント (0)

日本、初戦初勝利!

 なんとカメルーン相手に1-0で勝利!

 これは、2002年の母国開催以外の大会での初勝利ですし、それを含めてすべての出場大会での初戦初勝利!!

 試合は動けないカメルーンにかなり助けてもらった感の強い試合でしたので、次のオランダ相手にはこうは上手く行けないのでしょうが、それでも勝ちは勝ち!

 次の試合でも頑張って、1点でも良いから勝ち点を奪って欲しいです。

 頑張れ日本!!

…もしかして、ワールドカップ・ダルマのおかげ?

 Oさんありがとうございました。おかげさまで「勝ち点3」が取れました!!

 残る2試合もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

ワールドカップ・ダルマ

Simg_6642  群馬県出身の職場の同僚にいただいたワールドカップ・ダルマ

 日本代表ユニフォーム姿がとってもかっこいい。

 このダルマにあやかって、ぜひ、今晩の試合では「勝ち点1」をあげて欲しいモノです。

 …誰ですか?ダルマだけに「手も足も出ない」なんて言っているのは?

| | コメント (0)

2010年6月11日 (金)

夢の宴の開幕!

 いよいよFIFA World Cup 2010 の開幕です。

 これから約一月の間、まさに夢の宴の開幕です。

 今回はどんなスーパープレーが見れるのでしょうか?とってもワクワクです。

 あ、そうそう。私を知る人にご連絡です。

 これから一月の間、まじめに仕事をしないでささっと帰りますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

久我山ホタル祭り

 今日は、東京の久我山で開催されているホタル祭りに行ってきました。

 実は昨年も来ているのですが、やはり子どもにはホタルぐらい見せたいなぁ…ということで今年もやってきました。

 ここは、いくつかのエリアがあるのですが、基本的には自生しているホタルがいる地区もあるのですが、近隣の小学校等に協力を仰いで育成したホタルを放流しています。

 昨年は勝手が分からずかなり早めに行ってしまって待つのが大変だったので、今年はゆっくり目に行った(19:30頃現地着)のですが、昨年とは異なり、人がすごくいっぱい。

 ホタルの方はといえば、ここ最近の寒さにもめげず、昨年並かそれ以上に飛んでいました。

 下の写真はそれなりに乱舞っぽく見えますが、30秒露光したものを12枚重ねた合成写真ですので、実際はこれほど多くなく、数匹が飛んでは消え、飛んでは消えを繰り返していました。(

 でも、いずれ、子どもの頃に見てす~ごく感動した、自生している自然のホタルの乱舞をまた見たいと思っています。

   

S20100605_kugayama_hotaru

 【撮影データ】
  カメラ:NIKON D70
  レンズ:AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
  ISO 200 / f = 5 / 30秒×12枚(フォトショップにて合成)
  (←写真をクリックすると大きくなります。)

   

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »