« ザウバーでフェラーリをぶち抜いた! | トップページ | 地下鉄早稲田駅 七夕飾り »

2010年6月30日 (水)

胸を張って、上を向いて、堂々と帰ってきてください。

 ん~っ!本当に惜しい、あまりにも惜し過ぎる「結果」でした。

 120分戦ってのスコアレスドロー。

 PK戦での残念な結果。

 確かに、今日はデンマーク戦ほどのキレは無かったように思うし、なぜ?と思うシーンが無かったわけではないのですが、それでも、何度かは、惜しいシーンもありました。

 PKはある種「運試し」みたいなところもありますし、これまでのW杯でも、日本人選手誰一人としてかなわないような、ビックネーム達も外してきています。なので「誰が」は問題ないのでしょう。

 それでも、選手達は皆さん、本当に頑張っていたと思います。ただ、気になるのは、それが選手達のがんばりであって、組織として、戦略としてどこまで一体になれていたのか、もしかしたら個々人の積み重ねで戦ったとしても、最後のチームとしての熟度の差が壁となったかもしれませんでした。

 日本チームの試合はこれで終わりましたが、まだでも宴は続いています。

 ここからは純粋に、レベルの高い、夢の宴を楽しむことにしましょう。

 何はともあれ、2010ワールドカップを戦い抜いた日本代表チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。

 恥じるモノは何もない、皆さん、胸を張って、上を向いて堂々と帰国してください。

 そして、また新たな4年後に向け、まずは個々人の積み上げを、そして新たな代表チームとしての積み上げを始めていってください。

 

 

| |

« ザウバーでフェラーリをぶち抜いた! | トップページ | 地下鉄早稲田駅 七夕飾り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザウバーでフェラーリをぶち抜いた! | トップページ | 地下鉄早稲田駅 七夕飾り »