« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

東京シティハーフマラソン参加!

 といっても、私ではなく、娘と妻が2kmのレースに参加してきました。

 当初、申し込むときには私がとの話があったのですが、もしかしたら仕事が…という微妙なところでしたので、結局妻が同伴することに。

 今日は午前中は結構晴れていたのですが、午後は曇ってきて…国立競技場のスタンドで待っている私にしてみると、かなり寒くて(しかもレースが終わった頃には小雪が舞う位の寒さ!)、これはこれでカメラ抱えて待っている方も大変でした。

Sdsc_0635  しかも、任された写真は、なんとこのクラスだけでも1800名以上、娘と同じクラスでも750組ととんでもない参加者。

 はっきり言って、どこにいるのか全くわかりません。

 仕方なく、スタート時は適当に数秒おきに何枚か撮って、後で「ウォーリーを探せ」よろしく、「家族を探せ」にすることに。

 もちろん外を回ってきてスタジアムに戻ってきた時はばらけていますので、何とか発見し、ゴール瞬間もちゃんと押さえることができました。

Sdsc_0665_2  タイムはグロスで20分30秒。まぁ混雑してまともに走れなかった部分も含んでいますので、実際にはもう少し早いと思われますが、幼稚園児としてはこんなモノかと。

 同伴した妻によるとレース中は結構ぐずっていたそうですが、終わって私のところに来たときには結構得意げに語っていました(笑)

 来年も出ると言っていますが、さてどうなるやら。

 帰ってパソコンモニターで確認したところ、なんとか娘たちの姿も、スタートの群衆の中に見つけることができてよかったでした。

| | コメント (0)

サッカーアジアカップ優勝おめでとう!!

Ws000004   サッカーのアジアカップ、見事日本代表チームが優勝しました!

 今大会を通じて、本当に苦しい試合が続いただけに、この優勝の意味はとっても大きなものがあると思います。

 また、私にとっても、がんばることの、そして諦めないことの大切さを教えてくれた日本代表の戦いであったと思います。

 この3週間ちょっとの間、本当にパワーをもらいました。

 選手とスタッフの皆さんには、本当にありがとうと言いたいです。

 そして、あの金と銀の紙吹雪が舞う中、優勝カップを掲げる選手たちを見ていて、このシーンを、11年後、もう一回この場所でみたいと思いました。

 2022年、ワールドカップが、またこのドーハで行われます。

View0389395_2  そのときに、今日と同じくこの金と銀の紙吹雪の中で優勝カップを掲げる日本代表をぜひともみたいと思いました。

 そう…「ドーハの悲劇」と言われたこの場所で、「ドーハの奇跡」をぜひとも見てみたい。。。

 本当に色々なモノをいただいた今回の大会でした。

 選手とスタッフの皆さんには、重ねてありがとうと、そしておめでとうと言わせてください。

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

萌麺

昨年10月に、韮山にツーリングに行ったときに見つけたのがこちら。

Simg_0179  その名も萌麺。

 素麺やうどん(ピンクのうどん、ミカン・紅茶を練り込んだうどん)で、どうやら4種類の味があるとのこと。それぞれに、漫画家のあきづきりょう氏のイラストが描かれています。

 その後、季節も季節で何となく食べそびれていたのですが、久々に冷たい麺が食べたくなり、萌麺、食べてみました。

 ゆであがりはほんのりピンク名だけで、その他はいたって普通。

Simg_0180  味も、イチゴ味とかそいういう特別の味があるわけではなく、フツーの素麺でした。

 久々に食べたこともあって、美味しくいただけました。

 でも…、このパッケージで売ろうとした(有)浜松屋製麺所はある意味すごいなぁと思いましたよ。

| | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

NIKON D7000+AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

 いやぁ、今更ですが、今年の自分へのクリスマスプレゼントは、「NIKON D7000」、昨年10月に発売されたデジタル一眼です。

 これまで長らく同じくニコンのD70を使っていましたが、どうしても7年近く使っていると、どうしても不安定になってきたところもありましたし、高感度での画質やラティチュードの狭さなどが気になってきました。

 …特に子どもの写真が増えると、どうしても高感度での画質が必要になりますし。。。

 そこで、そろそろ買い換えか…と思っていたところにこのD7000が発売され、以来気になって仕方がなかったのです。

 とはいえ、パソコンを買い換えたばかりでもありましたから、ずっと悩んではいたのですが、どうしても我慢できず、12月25日、世間の浮かれ具合に誘われるように、ついふらふら~とカメラ屋をさまよい…気がついたら買ってしまっていたという次第です(爆)

Simg_0091  しかも、カメラ本体だけのつもりが、同じく前々から気になっていた「NKON AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」も一緒に。

 まだ200ショット強しか撮っていませんから、インプレができるほどではないのですが、D70からですから操作そのものは違和感なく使えます(AF方式の切り替えなどいくつかの機能はマニュアル無しではわからなかったのですが、マニュアルを読めばすぐわかる程度です。)。

 また、レンズがレンズだけに、夜景にも強いですし、昼間も高画素らしくしっかり写っています。

Simg_0089  D7000というと、ファインダーが傾いているとかホッとピクセルがあると言うようなネガティブな話を聞いたりしますが、私の購入したボディーにはそのような問題なさそうです。

 また、JPEGの画が甘いとかといった話もありますが、私にはそうは思えません(高画素機ですからブレは気にする必要がありますが、35mmだと軽くてバランスが良いせいか、夜でも手持ちで何とかなりそうです(もちろん、しっかり撮るときには三脚が必要なのは言うまでもありません。)。

 ピントの甘さについては、まだ撮影枚数が少ないので何とも言えません。もう少し枚数を撮ったところで改めてピントについては検証したいと思います。

 しばらくズームに頼ることなく、できるだけきちんと足でアングルを探し、被写界深度を計算しながら撮影することを考えていきたいと思っています。

 あと問題になるのは私の腕。これについてはもう練習するしかないですね。

 せっかく単焦点レンズを入手したのですから、しばらくはズームに頼ることなく、足で構図を考え、また絞り優先AEを中心に使って、腕を磨こうと思っています。これで良い写真が撮れると…いいなぁ。。。

p.s.

 作例なんて載せられるほどの腕はないですし、ココログは1M縛りがあるので大きな画像を載せられません。 

 一応、2010年12月25日、28日、2011年1月1日、2日、6日の写真はD7000+35mm/f1.8で撮影しています。

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

シオサイト&新橋旧停車場

   まだ新年早々と言うことで、職場を早めに出ることができました。

 そこで、ちょっと寄り道をして、新橋のシオサイトと旧停車場のライトアップを見に行ってきました。

Sdsc_0156_2_4

 とっても綺麗なのは良いのですが、とっても寒い…。

 しかも、私の腕のなさで、どうやっても良くあるような玉の光が沢山降っているような写真になりませんでした。

Sdsc_0206

 やっぱり精進が必要ですね。

【おまけ】 Sdsc_0196

 寒い中、一心に手紙を書いていた女性。

 とっても雰囲気が良かったのでこっそり一枚。

 ラブレターかな?想いが届くと良いですね。

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

お屠蘇

今年のお屠蘇はこちら。

 近所のスーパーで「なぜか」売っていたのですかさずGet!!

 ちょっと辛口ですっきりしてフルーティーな味わいがさすが久保田。

 とても美味しゅうございます。

Sdsc_0224  NIKON D7000+AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
      絞り優先AE(f=8) ISO=100

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

初詣

初詣は新宿諏訪神社に行きました。

Sdsc_0113_2

 午前中に妻が見たときには人がほとんどいなかったそうですが、私たちが行った午後にはそれなりに人が並んでいました。

 お願い事をした後、娘はおみくじをし中吉でしたが、そこに書かれていることは娘にぴったりすぎるほどぴったりなことが書かれており、「神様は見ているんだなぁ」と思いました。

 今年一年、良い年になると良いですね。

Sdsc_0114_3   NIKON D7000+AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
      絞り優先AE(f=8) ISO=100 (2枚とも)

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

 新しい1年が始まります。

 昨年は仕事に追いまくられ、ちょっと余裕を無くした所もありました。

 今年は、もう少し余裕を持っていろんなことに臨めるようにしたいと思っております。

 皆さんにとって、良い1年になりますようお祈りしております。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »