« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月29日 (日)

江戸東京博物館「発掘された日本列島2012」

 今日は、江戸東京博物館で行われている「発掘された日本列島2012」を見に行ってきました。

 この展示は、毎年、前年に発掘された考古史料を、江戸博を皮切りに、全国数カ所での巡回展示で、今年の江戸博は今日が最終日。

Ssdsc_8647

 こちらは、佐賀県唐津市の仁田埴輪窯跡(古墳時代)から出てきた犬型埴輪。

 口元を少し空けて、にへらっと笑った顔がとってもラブリー(はーと)。

      

      

      

      

Sdsc_8628

 こちらは茨城県常陸大宮市の坂下遺跡(弥生時代)出土の人面付き壺型土器。

Sdsc_8627  たぶん権力者の顔をかたどっているのでしょうが、とってもいい顔。

 

 

 

 

  

 毎年来ていますが、いつも思うのは、古代人、特に縄文時代や弥生時代、古墳時代の人たちのセンスの良さです。

 こういうデフォルメなど、現代でも十分通用するすばらしいセンスだと思います。

 もし機会があったら、ぜひ足を運んでみてください。

【参考】 「発掘された日本列島2012」日程・会場

 ○江戸東京博物館
   6月12日~7月29日(本日終了)

 ○八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
   8月8日~9月17日

 ○藤枝市郷土博物館・文学館
   9月28日~11月6日

 ○堺市博物館
   11月17日~12月24日

 ○鳥取県立博物館
   2013年1月12日~2月24日

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

盆踊り! in 2012

Sdsc_8572 1日微妙感が漂った今日でしたが、夕方には何とか雨は持ち、娘が待ちに待った盆踊りが行われました。

 近所の盆踊りは、金・土で開催予定だったのですが、昨日は雨で中止。今日も日中小雨がぱらついていたりもしていたので、娘自身もダメかなぁ…なんて言っていましたが、遠くから盆踊りの音楽が聞こえてくるとソワソワし出し、お母さんを説得してお父さんをお供にいざ出陣。

Sdsc_8576  今日1日開催となったこともあって、会場は結構な人がすでに来ていました。

 娘も、偶然居合わせたクラスメートと夜店探検。

 おもしろかったのは、いわゆるおもちゃのクジ。

 今回食べ物系以外での遊びものは、金魚すくいとヨーヨー釣りとクジ引きしかなかったのですが、金魚すくいはお父さんから厳禁命令が出ており(家に金魚が居るため)、他方、ヨーヨー釣りは金曜日に学校の子ども祭りで2個もゲットしてきたばかり。

Sdsc_8582   そこで、彼女にとって遊び系はクジしかなかったのですが、ご存じの通り、店にかざってある、いわゆる「見せ景品」はラジコンカーとかライフルとかといった男の子のおもちゃのみ。あとは本当にショボいものしかなかったため、相当悩んでやるのをあきあらめていました。

 「やってもいいんだよ」と言うと「お母さんが無駄なものにお金使ってって絶対言うよ」とのこと。

Sdsc_8580 大人の考えとしてはこれで正解なのですが、娘の逡巡というか葛藤の様子が、見ていてとってもおもしろかったです。

 ちょっとちょっと大人になっているようですね。 

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

おとめ山公園ホテル

 今年はホタルを見に行くのをすっかり忘れていました。

 そこで、新宿区立おとめ山公園で飼育されているホタルを見る会が開かれているのを見つけ、娘と出かけてきました。

Sdsc_8443  ところが、すごい人出で、6時半から整理券を配っていたそうですが、我が家が公園に着いたのが7時半。すでに整理券は最終回の8時半~9時の回の分しかないとのこと。

 そこで、整理券をもらい、公園横の空き地に少しもうけられていた屋台で小腹を見たし、1時間ちかくボーッと待っていました。

 何でもこの日も2000人以上来場しているそうで、とんでもない人です。

Sdsc_8471 ここのホタルは、久我山のように自然に放しているのではなく、20㎡ていどの黒い幕で覆った小屋の中だけにいるのです。

 このため、小屋の中では立ち止まってゆっくり見ることもできず、1時間以上待って、 見れたのはわずかに2~3分という状況。もちろん写真を撮るなんて言うのは絶対無理!

 まぁ真っ暗な中に20匹ぐらいが飛んでいるというのは綺麗でしたが…でもねぇ…。

Sdsc_8476  この小屋の横の建物で、幼虫とえさのカワニナの育成状況をぱっと見て帰ることになるという、なんともはや…な見学になってしまいました。

 やっぱりホタルは自然の中で見るのが一番ですね。

追伸
 興味がある方は新宿区Webサイトで毎年告知しているので、チェックしてみてください(公開は毎年2日間ぐらいのこのイベントの日のみ)。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »