« 2018年2月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年3月26日 (月)

夜桜見物 2018

 今年の東京の桜は、例年よりもかなり早く開花し、あっという間に満開となってしまいました。さっそく満開予想の土日は晴れ予報ということでしたので、カメラを持って桜見物♪と思って準備をしていたのに、まさかの休日出勤が。仕方がないので、昨年同様、会社帰りの夜桜見物としゃれ込むことにしました。
 当初は、やはり定番中の定番、皇居・千鳥ヶ淵とも思っていたのですが、なぜかカメラを持っていった日に限って残業が。。。
 そこで、これまで行ったことが無く、かつ23時までライトアップしてくれている東京ミッドタウンのさくら通りに行ってみることにしました。

 まずは定番の歩道橋の上から。

Sdsc_9539__02

 遠くに高層ビルが見えていて、ライトアップ(しかも一定時間ごとに色が変わる!)とあいまってとてもきれいです。

 歩道橋の上から、ということは、高い桜の木の枝と同じ高さにあるということですから、こんな風に、花のアップも容易に撮ることができます。

Sdsc_9543__03

 さらに歩道を歩いて行くと、なんと東京タワーが!

Sdsc_9582__03

 桜の花の間から見える東京タワーが、また良い感じです。

 桜並木が終わったところを振り返ってみると、まさに桜のトンネル!トンネル感をより強く出すために、思いっきりローアングルで撮影してみました。

Sdsc_9594__03

 こんなところをバイクや車で駆け抜けると、とても気持ちが良さそうです。

Sdsc_9600__02_02

 桜並木の外に出て改めて眺めると、そこは桜が描かれた屏風のよう!
 とても美しい桜の壁が続いていました。

 やっぱり桜は良いですね!
 でもこうやってライトアップされた桜を見るのも良いのですが、できれば青空の下の桜を見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

国立科学博物館 特別展「人体-神秘への挑戦-」

Simg_0854_2

 今日は、家族で国立科学博物館の特別展「人体-神秘への挑戦-」に行ってきました。

Simg_0853

 人体そのものに関する展示はもちろん、人体の神秘について科学者達がどう明らかにしてきたのか、そしてどこまで明らかになっているのか、さらに、新しい技術によってそれはどこに行こうとしているのか、というのがとてもよく分かる、面白い展示でした。

Simg_0858 最後のミュージアムショップでは、それまで色々見ていただけについ骨格標本パズルが欲しくなってのですが、隣にいた親子の

 男の子 「この骨のパズル欲しい!」
 父親  「う~ん…。買っても良いんだけど、夜動き始めたらどうする?」
 男の子 「やだ~っ!やっぱやめる~(半ベソ)」

という会話を聞いて、買うのを止めました(笑)

 まったく知らなかった身体のことがよく分かる、とっても面白い展示でした。

 もし興味があればぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?
 ただし、12時過ぎに到着したのですが、すでに入場までに20分待ち、14時ぐらいに出てきたら、入場したときよりかなり列が長くなっていましたので、出かけるなら早めに到着するようにされた方が良いと思います。

【おまけ】
 12時過ぎに上野に着いたときには、すでに上野動物園のシャンシャンの観覧整理券の配布が終わっていましたので、こちらを目的の方は、さらに早く到着された方が良いですよ!

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

袋井名物「たまごふわふわ」を作ってみた

 以前から食べてみたかった袋井名物「たまごふわふわ」を作ってみました。

Simg_0843

 ふわっふわで、クリーミーで、とても美味しかったのですが、使ったのが土鍋ではなく、横川名物峠の釜めしのお釜だったため(笑)、ちょっと容器が深かったようでした。

Simg_0844

 本当のタマゴふわふわを食べたことが無かったので、花粉が飛ばなくなったら、袋井で本物を食べてみたいと思います。

 参考までにレシピを書いておくと…

 ○材料
   タマゴ2個
   だし汁300ml(昆布&カツオ)
   みりん大さじ1、小さじ1

 ○作り方
  1.だし汁を用意する。
  2.タマゴ2個を、黄身と白身に分ける。
  3.だし汁50mlぐらい(適当)と黄身をあわせとく。
  4.だし汁を温め始める。
  5.白身にみりん小さじ1を加え、メレンゲになるまでひたすら混ぜる。
  6.3の黄身と5のメレンゲを良く混ぜ合わせる。
    その際、泡が消えないように注意。
     … 最初に、3の黄身に少量メレンゲを入れて混ぜてから5のメレンゲとまぜ合        わせると、よく混ぜやすいです
  7.だし汁が煮立ったら、火を止め、6をさっと入れ、フタをして蒸らす。
  8.1分ぐらい経ったら、ふたを取ってできあがり。

    ※蒸らす時間はお好みで。とろ火で、というレシピもあります。
    ※釜飯の釜を使う場合、この分量だとタマゴが入りきらなかったので、だし汁を
     200mlぐらいに減らしても良いかもしれません。
      タマゴ2個に出汁200mlというレシピもありますので。その場合は蒸らし時間
     を短くしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年8月 »